動物園を賭ける - ブラジルの違法賭博

 

「動物ゲーム」の驚くべき長寿
 
1888年にドラモンドの男爵ジャン・バティスタは、リオ・デ・ジャネイロに動物園を開園した。事業に引き付けるために、彼はチケットに動物を印刷し、1日の終わりにその一つを示した旗を掲げた。その動物が印刷されたチケットを持っている人は価格の20倍を払い戻された。すぐに、地元の人たちは、わざわざ訪れることなくおまけの賭けを始めた。1980年代の中ごろまでに、「動物ゲーム」は「動物園から抜け出した」と歴史家のエイミー・チャズケルは語る。
 
それ以来、「動物ゲーム」は、ドラモンド動物園の閉鎖、聖職者からの敵意、禁令、ライヴァルの州の宝くじとの競争を生き延びている。現在の胴元は、動物を選ぶのに州の宝くじの番号の下二けたを使っている。00から99までの中からの4つの数字につながった25の動物から選ばれるのだ。その動物たちは、賭ける人たちの眠りに広がっている。夢見る裸の女性は馬、死は象を意味する。「数だけを夢見るのは難しい。」人類学者のロベルト・ダマッタは語る。彼はそのゲームの成功を「フロイトが閉じ込めようとした動物たちを解き放った。」やり方だと信じる。
 
動物は別にして、「動物ゲーム」と合衆国の20世紀初めのナンバー・ラケットは多くの特徴を共有している、とニューヨーク市立大学のマシュー・ヴァズは語る。どちらも、腐敗した警察を買収することによって違法化を免れた。どちらも、売春、資金洗浄、そして殺人といったほかの違法活動と絡み合うようになった。どちらも、毎日開業、小さな掛け金、そしてしばしば少額だが役に立つ払い戻しに惹かれた貧しい人々にとっていくらかの経済的意味があった。「もし貧しければ、お金を取っておくことは難しい。」ヴァズ氏は語る。「しかし、もし1日25セント見つければ、全体としては負けるにしても、時々役に立つ金額を得るのだ。」
 
「動物ゲーム」はそのアメリカの仲間よりはるかに長生きしている。政府のぎこちなさにもいくらかの責任がある。1967年に、軍事政権の大統領が連邦のゲームのために新たな州の宝くじを禁止し、知事の中にはその事業から何も得ることができないよりは地元の胴元を大目に見て彼らの違法利益の上前をはねることを決めた。そして合衆国はより良い法施行を行った。1984年のニューヨーク市の条例は、警察に賭けの隠れ家を立ち入り禁止にすることを許し、家主に目をつぶることをやめさせた。
 
しかし、おそらく動物ゲームの長寿の最大の理由は、それのほかのブラジルの慣行、カーニヴァルとのつながりだ。1950年代の間に、胴元たちはサンバ学校が社会的受容を得ることができるようにし始めた。「1980年代まで、サンバとカーニヴァルが彼らの日々の仕事だった。ヴァズ氏は語る。それ以来、手入れはカーニヴァルの中止の恐れへとつながっており、法施行者に譲歩させているのだ。
 
 
発行日: 
2012-05-05
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加