そこに到着する - 移民改革

移民がアメリカに来るための物事を簡単にする進歩が、ついにやってきた

「すべての主要な政策課題は解決された。」アメリカの移民制度を改革するための超党派法案の草稿を書こうとした8人の上院議員の一人チャールズ・シュマーは宣言した。「8人組」は数日以内にその提案を明らかにするだろう、と彼は続けた。それは、今月の司法委員会をうろつき、5月に上院に到達するだろう。「我々は軌道に乗っている。」今週テレビインタヴューの中で、その民主党員は結論付けた。もし彼が正しいのならば、1,100万人の人々を宙づりにし、着実に共和党の見通しを侵食した、ひと世代にわたってアメリカ政治に付きまとっている問題は、解決の間際にある。

8人組の中でさえも、みんながそれほど自信を持っているようには見えない。そのグループの中で最も保守的な参加者のマルコ・ルビオは、成功の報告は「早すぎる」と語る。一時的に農業労働者を認める計画という、その法案の少なくとも一つの要素は、交渉が特に困難だと証明されている。去年の選挙でその立場がヒスパニックの有権者にもたらしたひどい情勢にもかかわらず、多くの共和党員はアメリカの1,100万の不法移民にいかなる猶予にも依然として反対している。しかし、改革のための動きははっきりと打ち立てられている。

シュマー氏の自信は、アメリカ最大の労働組合連盟のAFL-CIOと事業を代表する合衆国商工会議所という、そのグループがその主題をささげてきた二つの圧力団体の間での低熟練労働者へのヴィザについての合意によって刺激された。このトピックについての小競り合いは、2007年の前回の移民改革への大きな圧力が崩壊したことに貢献した。今回、両側は、経済が強いときにはより多くの、弱いときにはより少ないヴィザを出すだろう精巧な公式に合意している。事業は、景気の良いときには20万人(よくないときには2万人)までの許可から利益を得るだろう。一方組合は、新しい労働力の流入により賃金が沈んだり労働者の権利が侵害されたりしないよう意図した表現に喜んだ。当然、主たる受益者は、現在はできない、転職や1年後の永住権申請が許されるだろう、ヴィザ受給者だろう。

そのチームの法案は、特にハイテク分野での熟練労働者へのヴィザの数も押し上げ、アメリカの大学の外国人卒業者がアメリカに住むのを簡単にすることも期待される。その上院議員たちはまた、幾分かは公的枠組みの厄介さのおかげで今のところそのほとんどが不法移民である、季節的農場労働者への許可のルールも書き直す。彼らは、生産者協会と最大の農業組合の農業労働者組合(UFW)の両方の承認を得ることを望んだ。しかし、二つは行き詰っている。生産者たちはゲスト労働者たちの賃金を設定する公的計算式を調整したかった。組合は、彼らが賃金一般を抑えようとしていると不満を言った。

にもかかわらず、両側の主たる懸念は新しい農業労働者の将来の流れを規制することではなく、すでにアメリカにいる人たちの地位を正常化するということなので、その論争はその法案を脱線させそうもない。その国の1,100万人の「書類のない」移民は新規組合加入者と事業の新規採用者の大きな源泉を表す。彼らのほとんどは働いているけれども、そのぼんやりとした地位は雇用主を法的懲罰にそして移民自身を搾取にさらす。8人組は、彼らの法案が、その不幸な人々に、何らかの種類の公式法的地位だけでなく、最後には国民になる可能性を提供するだろうということに合意している。

その法案が公表された時、その過程がいかに困難かが主たる論点だろう。共和党は長い間人権の香りがするものに抵抗している。一方、民主党は大きな数の書類のない人々を排除するほど面倒ないかなる要件に対しても警告している。8人組はすでに、ほとんどの移民たちに、彼らが永住権を得て最後には国民になることができる前に、要件の中でもとりわけ、彼らが働き、税金を納め、背景チェックと公民と英語の試験の両方に通っていることを証明しなければならないだろうということにすでに合意している。

市民権への道は、それが広ければ、長くなりうる、と左寄りのシンクタンクアメリカ進歩センターのアンジェラ・ケリーは論ずる。移民を雇う人々は法を破っており故に書面記録の多くを避ける傾向にあるので、多くの移民はその雇用履歴を証明するのに苦労するだろう。そのうえ、中産階級の共和党支持の主要有権者に甘いように見えるかもしれない料金や罰金は、多くの不法移民には支払うことができないだろう。例えば、親移民的なシンクタンクの移民政策研究所によれば、1万ドルは雨にかに移封に入った人の半分にとって年間家計所得の1/3を超えているだろう、という。

上院で議論を引き起こしそうな別の問題は、アメリカの国境警備だ。8人組は、改革を利用しようとする新たな移民の波を防ぐために、(永住権をもたらす文書である)グリーンカードをいかなる移民が受け取ることができるよりも前に、国境の警備が厳しくならなければならないことに合意している。実際には、メキシコ国境の警備はすでに恐ろしく、(北側の弱い経済と南側の下がっている出生率も役割を果たしているけれども)未承認の越境はここ数十年で最低水準にある。さらに、そのように長く厳しい辺境を完全に封鎖するのは不可能だ。それは、共和党が非合理的な水準を設定するのではないかと民主党を恐れさせたままにし、共和党は民主党的なごまかしを疑ったままにしている。

移民の提唱者は、合意のための政治的論理がとても強いので、これらの障害は克服できるだろうと自信を持っている。彼らは、選挙以来その移民改革への反対を和らげている多くの共和党員を指し示す。大きなティーパーティー支持者を伴ったリバタリアンの上院議員ランド・ポールは、最近積極的な音を立てた。別のティーパーティーのお気に入りのルビオ氏の関与が、その計画に右側の信用を与えている。改革の反対派が提案の実体にあまり不満を言わず、彼らの追い求めているのが急ぎすぎだということにより不平を言っているのは、手ごたえがある。

(部会的な都合で二人の独立系を含む)上院の55人の民主党員の圧倒的多数は、その改革を支持すると予想されており、議事妨害を克服するための60票の壁に到達するのに必要な共和党の票数をほんのわずかにしている。どれだけ少なく見積もっても、数人の穏健派とともに、8人組のうち4人の共和党委員は自分たちの法案を支持しそうだ。下院はより複雑だ。その共和党多数派には、不法移民に対するどんな寛大さにも厳しく反対する多くの人がいる。しかし、共和党の指導部は改革をさぼっているとは見られたくないだろう、とAFL-CIOのジェフ・ハウザーは語る。最後には、彼らはそれが主に民主党の支持を得て可決されるだろうと予想して、上院の生み出したどんな法案も決することを許すだろう、と彼は予言する。移民法案が議会を通すよう導くことは、困難な仕事かもしれないが、それを殺すことはより困難に見え始める。
 

発行日: 
2013-04-06
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加