森から出て - インドの未統治の空間

殺人的な攻撃は、インドの「アウトランド」での無視を強調する

コングレス党のための政治ポスターが林床にばらまかれている。ジープは弾丸で穴だらけになっている。政治家とその息子が殺されたところにハエが揺らめいている。それは、5月25日にインドの政治家たちを運んだ17台の車の護衛隊をマオイストの反乱軍が待ち伏せ攻撃した3日後の、曲がりくねった丘の脇の道での光景だ。犠牲者のほとんどは20分間の銃撃戦の間に亡くなった。攻撃者たちはそれから少しの目立った生き残りをしょっ引いて、即座に処刑した。全部で、28人が殺された。

そのコングレス党の政治家たちは、チャッティースガル州の遠く離れた森林地域の鉱物が豊かなバスタル県での集会から戻っており、そこはインドの土着民のアディヴァシーが優勢である。その訪問は危険が高かった。マオイストは、その地域を「解放地域」だと考えており、政治家などに近づかないよう警告する。しかし、その護衛隊への治安保護は、一人の軍のレンジャーが少なくとも100人の人民解放ゲリラ軍がいると推計するものに対して、わずかだった。

チャッティースガルの元首相アジット・ジョギは、その災害を「その州の一部での全般的な騒々しい軽視」だと呼ぶ。彼は、その州を運営するインド人民党が、自分たちのために重い警察の保護を利用するが、他の人たちのためにそうするのを拒否したと言って、非難する。

ナクサライトともよばれるマオイスト反乱軍によるほかの攻撃は、より血なまぐさい。2010年に、近くのダンテワダでの森の戦いで76人の準軍事警察が殺された。しかし、この最新の攻撃は、文民指導者の集団への最初の計画的な攻撃だ。死者の中には、その州の野党指導者、その息子、そして別の著名な州政治家マヘンドラ・カルマを含んでいた。ある83歳の元閣僚は、3発の弾丸を受けたが、何とか生き残った。

5月28日に、マオイストはその犠牲者を非難した。「反動的」で「ファシスト」の指導者たちは、今では解散した嫌われた自警軍の『平和の行進』をかつて支援したとして死に値した。彼らは、その集団の高位の支持者であるカルマ氏を殺したことを特に吹聴した。州によって武装を整えられ、2005-06年まで『平和の行進』はバスタルでの野蛮な運動を主導した。6万人を超える部族の村人は、悲惨なキャンプに駆り立てられるか、州境に追われた。

冷酷な傾向がけしかけられている。バスタルの人口の2/3を占めているアディヴァシーは、限られた数の町以外はほとんど発展していない。彼らは両側から嫌がらせを受けている。マオイストの戦士たちは、村人たちの助けを要求したり、政府高官と協力したと彼らを非難したりする。代わりに、警察や自警団は、マオイストを支持している不幸な村人を脅したり攻撃したりする。

活動的だった時、『平和の行進』は、部族の村人を拘束し、強姦し、殺した。村人たちの死体がマオイストの戦士たちに見えるよう並べられた時、偽装「対戦」での死は、特に激怒を広げる。軍は、最高裁の命令を解いた。それまでには、その暴力は明らかにマオイストへの同情を増した。しかし、残酷さは持続する。5月17日に、8人がバスタル村で殺された。警察は、彼らが祭りの参加者をマオイストと間違えたという。

似たような問題はその国の他の所にも存在する。活動家は、都会でかなり安定しますます安定する部分の「インランド」インドと、無視されたより貧しい無法な場所であるその田舎の「アウトランド」の多くとの間の危険なギャップについて話す。真実は、きちんとした分断は存在しない。しかし、宗教的な少数民族でぎりぎりで生活している農民である低いカーストからの、しばしば最も弱い人々は、無能か抑圧的な州と、庶民で半犯罪的な反乱軍との間でとらわれている。

去年、提言グループのヒューマン・ライツ・ウォッチは、ジャールカンド、チャッティースガル、オリッサでの暴力に巻き込まれた人々の窮状を報告した。それは、マオイストの影響を受けた地域に入る医療労働者、活動家、学者、記者などへの増加する公的な嫌がらせを見つけた。今度は皮肉なマオイストが、彼ら自身の影響を切り落としうると彼らが恐れる公的な反貧困努力を妨害する。その報告は、地方職創出計画に登録する村人たちを助けていたジャールカンドの社会活動家ニヤマット・アンサリの殺害を特筆した。

内務省は、インドの629の地区のうち106が、あれやこれやで左翼過激派の影響を受けたと語る。これらは、ナクサライトが最も広がっている中央森林地域を含む。彼らの攻撃は衰えかけている。政府は、去年マオイストに関わった414の死を数え、それは2010年の1005件から下がっている。しかし、今週の凶行はそのグループをダメだとみなさないための警告だ。

インドの北東の端であるナクサライトの地域を越えて、ナガランドの首都のコヒマから森の茂った丘や部族の村を通って運転する人々は、何十年にもなる反乱が持続している証拠を見つける。店番やほかの事業をしている人々は、犯罪的な仕事をするギャングに進化している反乱集団による威嚇、殺人、そしてゆすりについて不平を言う。北東部の人々は、正しい平和協定がなければ(ナガランドでの交渉は1997年の停戦以来失敗している)、彼らもまた兵士のなすがままだ、と嘆く。村人たちは嫌がらせをされ、時に強姦される。しかし兵士たちは、他の所と同じように、軍事特別法の特権を享受している。
 

アウトランドを中に入れる

固有の歴史を持つカシミールもまた、アウトランドとして数えられる。ほとんどの現地の人々は反乱の暴力を支持しないが、戦闘的なイスラム集団の若者と、抑圧的な軍隊や準軍事部隊の間で、彼らが囚われていると感じる。再び、若者が殺され、その死体が殺されたテロリストとして示された偽装の対決が、ほとんどの怒りを広げる。それは、民兵の兵士勧誘に肥沃な地を提供する。

この三つの地域すべてで、より公平な警備が、現地の人々に州当局を信じさせる大きく貢献するだろう。州にわたる怒りを制限することは、銃を持った反乱軍の訴えを切り取るだろう。チャッティースガルでのある新聞による自警団の使用を含んだ全面「戦争」の要求は、頑固に見える。

職を作り出し、福祉を村に広げることは、カシミール、ナガ、そしてマオイストの反乱の訴えを大きく切り取るだろう。カシミールでは、過去3年間のもっとも望みのある兆候は、持続的な、労働集約的な観光ブームだ。しかし、バスタルでは、現地の人々は、ある種の経済成長に軽蔑を現す。バスタル県のジャグダルプルの近くに建設されている政府の支援を受けた鉄鋼工場は、汚染を広げるリスクがあるが、現地民が主張するには、多くの職を作り出さない。部族民でキリスト教徒のジョギ氏は、アディヴァシーがどの種類の経済発展を彼らが望んでいるかを決める自治を持ってほしいと思っている。

実際、消費者として、地元の人々は、すでに遠慮なく話している。ジャグダルプルのある作家は、マオイストの若者の間での訴えは、電気、電話、そしてテレビが広がっているところでは、正確に陰っていると論ずる。ナガランドでは、ソープオペラ、ボリウッド、そしてクリケットの到着はすべて、より広いインドへの所属の感覚を与える助けになっている。それを見ると、人々は革命的な戦争を戦いたいとは思わない。彼らは、「インランダー」の生活の仕方をまねしたいと思う。さもなければ、彼らは自分たちがより魅力的なインドに動きたいと思うのだ。
 

発行日: 
2013-06-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加