軌道に戻る - 社会資本

アメリカの貨物列車の静かなる成功

ヨーロッパ人は長い間アメリカ人の不愉快な旅客列車を憐れんできた。しかし、モノを動かすことになると、アメリカは世界中で最も費用対効果の良いよく保たれた貨物網を持っている。しかしながら、それは、資本集約的な事業だ。1980年のスタッガース法がその部門を規制緩和して以来、鉄道会社はその収入の17%を自分の鉄道網に投資している。これは、過去30年にわたって約5,000億ドルの民間資本だ。その国の社会資本のひどい状態について絶え間なく(そして予想されるように)わめく米国土木学会すらも、最近の報告でよい鉄道へのいやいやの尊敬を示す。

その下降は実際には、軌道からITまで全てへの資本支出を推進する役に立った。去年、実質ベースで記録となる230億ドルが支出された。その計画は、事業が比較的静かで資金が安い間に鉄道網を現代化することだ。鉄道会社はそれによって、将来的に増える交通量を取り扱うより良い位置に彼らがつけることを望んでいる。2009年に、ウォーレン・バフェットの投資会社バークシャー・ハザウェイは、テキサスの鉄道会社バーリントン・ノーザン・サンタ・フェを買った。バフェット氏は、その購入を「合衆国の経済的未来の全部込の賭けだ」と表現した。

そのかけはすでに元を取っている。2011年に、上位7つの貨物鉄道は(2007年の478億ドルから上がって)670億ドルの営業収入を稼いだ。純利益は110億ドルで、自己資本利益率の平均は11.1%だった。2035年までに、鉄道貨物への需要は倍増すると予想される。新事業の偉大な取引は、消費財の変化から来ている。コンテナは船やトラックから降ろされ、鉄道にのせられてその目的地へひゅっと跳ぶ。その事業はとても割に合い、急成長している。

鉄道アナリストのトニー・ハッチは、スケジュールと時間管理の改善は、鉄道が以前には入札をせがむことすらしなかったかもしれない事業を勝ち取っていることを意味する、と語る。鉄道はローリーのようにドアまで届けることができないかもしれないが、それは地続きの長距離をかさばる物を動かす最も安い方法なので、大手小売業はそれらをより使っている、とハッチ氏は語る。鉄道を使うことは、少し高い在庫を受け入れることを意味するが、しばしばそれは価値がある、と彼は語る。

鉄道でものを動かすことは、道路よりも4倍燃料効率がよく、鉄道は将来的にその能力を増すことができる。だから、アメリカの鉄道は、特に道路で1日以上かかる旅で、間もなくトラックの市場シェアに手を出すかもしれない。トラック業者は高い燃料と労働費用、運転手不足、混雑、いかに運転手が運転しなければならないかのより厳しいルール、そして道路への慢性的な過少投資と戦っている。

現在、アメリカの貨物列車で移動されるものの(重量で)43%程度は、石炭だ。発電所がより厳しい環境法に従うようになるにつれ、これは次第に減少しうる。しかし、アメリカ鉄道協会の政策専門家ジョン・グレイは、原油を動かすことに成長機会を見る。アメリカの石油生産は上昇しており、しばしばタンカーで到着するものよりも安い。アメリカは、国内の石油を動かすためのより多くのパイプラインを建設できたが、鉄道網がすでにそこにある。2009年の最終四半期に、約2,700台分の原油が鉄道で動かされた。これは、2012年の最終四半期には8.11万台に増えた。アメリカが将来的にどの積荷に変わる必要があろうとも、鉄道はその仕事をするのによい位置にある。
 

発行日: 
2013-04-13
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加