サッカー熱がポーランドとウクライナでの建設ブームを押し上げる - 中東欧の社会資本

ユーロ2012は交通網の分解修理に拍車を提供した

この夏のヨーロッパサッカー選手権の圧力のもとでポーランドとウクライナに起こったように、締め切りは遅れ屋さんを刺激する効果を持ちうる。20年前、両国は荒廃した交通制度とともに共産主義から現れた。穴の開いた道路、ほとんどない高速道路、ガタガタなる鉄道、そして古い空港などだ。現代化の努力は、資本主義の初期の窮乏によって最初追い込まれていた。

ポーランドの2004年のEUへの加盟はEUの構造基金の大規模注入につながったが、官僚主義的当惑は改善された環境を利用するのに長い時間がかかることを意味した。一方、EU外にあり政治的経済的危機に打ちのめされたウクライナは現金を見つけるのに苦労した。

両国を動かしたのは、ユーロ2012選手権と大陸中からの訪問者が交通の崩壊に直面した時のありうる国際的な恥辱だ。

圧力下で、両国の社会資本は東ヨーロッパの範囲を超えてのすべての国で最大の模様替えをしている。

「我々は18か月で5つの新しい空港を建設した。」社会資本に責任を持つウクライナの副首相ボリス・コレスニコフは語る。

その大会に先立つ社会資本への50億ドルの政府支出のばか騒ぎを通して、何千キロものウクライナの道路が再舗装された。

韓国の現代から購入した何台かの近代的な旅客車両が鉄道路線の上を転がっており、国内の旅行時間を1/3以上削減している。

そして民間投資家は約10億ドルをホテル建設につぎ込んでいる。ウクライナの億万長者の新興企業家たちはまた、彼らの富の一部をヨーロッパで最高のサッカー場のいくつかを建設するのに費やしている。

数年前にウクライナのもっとも豊かな新興企業家リナト・アクメトフによって5億ドルかそこらで建設されたドネツクのサッカー場は、空飛ぶ円盤のようにライトアップしている。その結果、南東に200キロいったロシアの町、ロストフは、定期的にドネツクでサッカーやホッケーの試合を開催している。

「ドネツクは進歩している。それは確かにロストフよりも良い。」スポーツイヴェントやパーティーのために定期的に訪れる35歳のウラジーミル・ラヒモフは語る。

キエフとポーランドやほかのヨーロッパ諸国を結ぶ道路は、今「かなり完成」している、とコレスニコフ氏は語る。「焦点は今東部の町やロシアとつなぐ新たな道路建設に当てられている。」

2009年にポーランド政府は約3,000キロの新たな高速道路を約束し、それはワルシャワからドイツ国境、国の南部でドイツからウクライナ、そして南北にグダニスクからチェコ国境を結ぶ近代的高速道路を残すだろう。

最後には、合計はその半分以下で、依然として差がある。特に南北の高速道路では建設会社との論争のために未完成になっている。全体で、その国は約310億ドルを道路に支出しており、その約3/4はEUから来た。

鉄道の近代化はさらに成功していない。ワルシャワからヴロツワフへ行く旅は400キロに満たないのに依然として約5時間半かかる。しかし、飛行機旅行で大きな一歩が踏み出され、その国の大きな町の新しい空港を更新したり建設したりするのに20億ドルが支出された。

ウクライナやポーランドの改善は投資を魅惑している。ポーランドでは運輸会社が中央ヨーロッパ全体のための新たな倉庫を建設している。

ウクライナの大都市への訪問客はきらめく空港に到着し、渋い国境警備員よりもむしろほほえみによって挨拶される。

絵になる中世の建築物、石張りの街路、そしてカフェ文化に恵まれた西ウクライナのリヴィウもまた、より多くのヨーロッパの旅行客を惹きつけている。EUの構造基金があるポーランドとは違って、ウクライナ政府は、22億ユーロを投資した欧州復興開発銀行(EBRD)からの助けはあるけれども、自分の社会資本の更新の多くの資金を出さなければならない。

EBEDのウクライナ報道官アントン・ユソフは「社会資本部門は確かに今後数年の我々の最優先事項の一つのままだろう。我々は年間の事業量(10億ユーロ)の3割から5割を社会資本計画に投資する準備ができている。」と語る。

ウクライナは民間投資を取り入れ続けることを計画しており、キエフの空港であるボリスピルの利用権の入札から始めている。

その狙いは、その空港を主要な東西のハブに変え、政府の金庫への税収を押し上げることだ、とコレスニコフ氏は語る。

ウクライナはまた、国内の生産者によって作られた車両によってその鉄道車両群を現代化したいと思っており、民間の旅客鉄道会社を取り入れたいと思っている。14ほどの政府の川や海の港の管理権もまた入札に出されうる、とコレスニコフ氏は語る。

ポーランドの財務大臣ジャセック・ロストウスキは、その更新がより高い経済成長につながると考えている。

「実際には成長の好転の議論になるだろう、我々の状況のほかの側面がある。5年前、我々はほとんど自動車道路を持っていなかった。我々は今、その国のほとんどを覆う主要な自動車道路を持っており、2020年までにその道路網を完成するだろう。」彼は語る。

その大会への準備ラッシュが今終わり、新たな建設は遅くなっているが、ポーランドは建設し続けたいと思っており、社会資本計画を難しいマクロ経済環境の中での需要刺激策とみなしている。

政府は来年約50億ドルを支出しようとしており、次のEU予算での支出増加を望んでいる。運輸大臣のスラウォミール・ノワックは語る。「ポーランドは依然として長年にわたってヨーロッパ最大の建設場所だろう。」
 

発行日: 
2012-11-09
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加