新鮮な目がジレンマを解決するかもしれない - 環境技術の革新

企業とNGOは専門的な助けを見つけるためにネットワークの力を利用する

セミナーやネットワークイヴェントに参加するのと同様に、今週のサンフランシスコでのグリーンビルドエキスポへの訪問者は、フランスの建築素材グループ、サンゴバンからの重役が10分間の売り込みの強さに基づいて3つの良い考えを選ぶ間の「スピード・デーティング」セッションを見ることができた。

その会社が「アウトヴェーション」と呼ばれるやり方の一部であるそのセッションは、環境技術を見つけるために使われている多くの開放的革新方法の一つだ。

「まったく単純に、新鮮な目は答えを提案する。」合衆国の環境グループである環境防衛基金(EDF)で法人提携計画を指揮するグウェン・ルタは語る。

去年、EDFは、事業での環境革新の速度を上げるためにオンライン開放革新会社のイノセンティヴとの提携を始めた。ルタ女史は語る。「もし内部で行っている手に負えない環境問題があるのならば、それを外に開くことによってもしかしたらより進歩できるかもしれない。」

これがサンゴバンの経験だった。その会社の北米の研究開発部長ラケシュ・カプアーは語る。「特に大きな会社では、我々は誰もとても内面をよく見るようになれる。しかし、突破はどこからでも来うるので、我々は技術のために外部を見守る制度を立ち上げようとしている。」数年間行われているそのサンゴバンコンペにより、その会社は幅広い新しい考えを見つけることができている。

今年、初期段階の新興企業からよく出来上がった企業家までの8人のファイナリストの中には、建築素材のための環境にやさしい合成樹脂、自動遮光の賢い窓、そしてLED照明や光発電といった製品の製造の耐久力をより高くし安くする薄型フィルムコーティング装置があった。

サンゴバンがそこを通して新興企業との提携を開発するNOVA外部事業の部長でもあるカプアー氏は、そのような考えがあらわれるのを見ることが新鮮で面白いと考える。

彼は語る。「あなたが長い間似たような線の事業で働いているとき、あなたは世界を理解したと考える。しかし、世界はいつも3歩前を進んでおり、同じ現実を見ている誰かがそれを違って見ているかもしれない。」

それがEDFにイノセンティヴと提携するよう動機づけたものだ。

EDFやイノセンティヴとともに働いている会社は、手に負えない環境問題を見つけ、「エコ=チャレンジ」として公式化し、オンラインにのせ、もっとも見通しのある解法のために金融的な報酬を提供する。

会社だけが世界中から考えを見つけることに気をかけているわけではない。オープン・イノヴェーションは非営利や開発の世界に動いている。英国にある環境技術専門家、投資家、サーヴィス提供者の世界的なネットワークスキプソは、再生可能エネルギーを使ってルワンダのある村の電化をする方法を見つけたいと思っていたスイスの非営利組織を助けた。カプアー氏は語る。「数週間以内に、彼らは世界中から専門家を調達し、スペインの会社の技術者である勝者を選ぶことができた。」

例えば、6月にUSAIDは、発展途上世界中の小作農にきれいなエネルギーを届ける新たな方法を見つけるよう革新者を招く挑戦を始めた。

USAIDの行政官のラジヴ・シャーは語る。「その大きな挑戦により、開発機関は解法を求めるときにその網を広げることができる。

「伝統的な援助努力が一つのプロジェクトの考えに対して6-10の提案を受けるかもしれない一方で、それらの挑戦のそれぞれには600強の参入がある。」彼は語る。

「半分以上は発展途上世界それ自身から、そして30%以上は民間部門からきている。」

新しい環境技術製品とサーヴィスを探している人々が、オープンイノヴェーションモデルについて注目せざるを得ないのは、幅広い部門と組織の専門性を利用できるこの能力のためだ。

しかしながら、できるだけ多くの環境技術起業家と専門家に到達することとなると、ウェブ上のクラウドソーシングモデルが最大の潜在力を持っている。「わずかなカギとなる一突きで、あなたは世界中からの化学的コミュニティを利用できる。」ルタ女史は語る。

これは環境技術の分野で特に役に立つ。

カルロ・ソレシナは、環境技術の起業家と専門家の分断化された共同体を統合するために2008年に立ち上げられたスキプソの共同創業者だ。彼は語る。「シリコンヴァレーからのたくさんの革新があるICT(情報通信技術)とは違って、環境技術は地理的により広く分配されている。

成功するために、その挑戦は正しいやり方に公式化される必要がある。もし問題があまりに広く設定されれば、反応の氾濫により、見通しのある解法を見つけるのが難しくなりうる。

しかし、それをあまりに狭く定義すれば、実際には成功への潜在力を持った考えを持つかもしれない人を阻止しうる。

そして、予期せぬ地区から考えを期待することが、クラウドソーシングの鍵となる利点だ。ソレシナ氏は語る。「しばしば最善の解法は完全に異なった部門か近接したコミュニティの専門家からやってくる。」
 

発行日: 
2012-11-12
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加