秘密を守れますか? - 知的財産

ある考えで特許を取るためには、それを公表しなければならない。多くの会社は秘密を好む

知的財産を守る議論を呼ぶやり方は、それで特許を取ることだ。これは、発明者にその考えについての法的保護を与える。もし他の人がそれを使いたいと思えば、彼らはそれに対して支払わなければならない。その欠点は、彼はその考えを公表しなければならないので、それほど法がしっかりしていない国でそれを盗むことを簡単にすることだ。

だから、たくさんの会社は、彼らの最も価値のある考えをラップに包んでいる。悲しいことに、それは確実でもないのだ。コンピューターセキュリティ会社のマンディアントから先月発表された報告が明らかにするように、ハッカーたちはずるく、中国は外国の秘密を守るためにたくさんのハッカーを雇っている。会社がどれだけの取引上の秘密を持っているか、またはそれにどれだけの価値があるのかは誰も知らない。顧客リストのようないくつかのものは、日々の営業の間に生み出される。特許は一般的にたった20年しか続かないので、秘密にされるものもある。もしコカコーラがその秘密のレシピで特許を取っていたら、それはその権利をとうの昔に失っていただろう。そしてそれはその神秘性をすぐに失っただろう。

しかしながら、特許よりも秘密を好む主要な理由は、安全だ。例えば、イーロン・マスクは、外国の宇宙機関が単にそれらを盗むだろうことを恐れて、彼のスペースXで開発された技術を特許申請することを拒絶する。

多くの会社はいつ彼らの秘密が漏れるのかを認識していない。マンディアントの最高セキュリティ責任者のリチャード・ベイトリッヒは、去年、中国のハッカーに入り込まれた企業の90%以上が、その事実に気づいていなかったと推定する。セキュリティ産業団体のASISインターナショナルによる調査は、盗まれた法人の知的財産の年間価値は、アメリカで3,000億ドル以上だと推計する。別のものは、それを全世界で1兆ドル以上だとする。

デジタル泥棒はすべての国々から来るが、ひとつが目立つ。アメリカの経済スパイ法(EEA)が商業上の秘密を連邦犯罪にして16年間で、すべてのEEA告発の1/3は、中国で生まれたか、その政府や事業の助けを求める人々を伴っている。2008年以来、訴訟の44%が中国とのつながりを持っている。

一人の被告は、軍用機とスペースシャトルに関わった秘密を盗んだ。フォード、GM、ダウ・ケミカル、モトローラ、そしてデュポンといった会社でスパイをしているものもいる。中国政府は関与を強く否定する。それは、その会社もまた犠牲者だと注記する。別のITセキュリティ会社のマカフィによる2010年の地球規模の調査で、中国の事業は知的財産の窃盗から最も高い損失を報告した。英国企業のたった37.5万ドルに比べて、それぞれ720万ドルだった。

ほとんどの取引上の秘密(そしてEEA告発の90%以上)は、内部者を伴う。これらは一般的には、フラッシュメモリー、携帯電話、または電子メール経由で盗むことのできる敏感な情報へのアクセス権を持っている従業員か取引業者だ。マカフィの調査への回答者は、内部者の脅威をソフトの脆弱性やサイバーテロの上に位置付けた。

解決法はまっすぐどころではない。アメリカの特許局は、泥棒に有利なスタートを切らせないように、(一般的に3年以上かかる過程の)特許が与えられるまで、その存在を秘密にすることができる「経済的に敏感な」特許という新しい階級を提案するかどうか考えている。これは事業を満足させそうにない。より役に立つものとして、連邦での民事訴訟権を提供する法を修正し、会社がスパイに対する訴訟を自分で起こすことができるようにすることがあるだろう、と言うものもいる。今のところ、民事訴訟は州法に従っている。

先月、バラク・オバマ政権は、アメリカの取引秘密の泥棒を妨げる新しい提案を明らかにした。これらは、外交的努力、自発的な産業イニシアティヴ、より賢い調査、そしてより厳しい法を含む。議会はEEA侵害への懲罰を増し、あるロシアのプログラマーがゴールドマン・サックスの取引ソフトのソースコードをコピーした後に自由に歩き回ることができるようにした抜け穴をふさいだ。そうだとしても、1996年以来、EEAの下でたった約125の告発しかない。ほとんどの泥棒は捕まっていないのだ。
 

発行日: 
2013-03-16
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加