選択の自由 - インターネットの自由

政府とインターネット会社はオンラインの言論の自由のルールと格闘している

ある上級役員の逮捕は、めったに役立つ見出しをもたらさない。しかし、ブラジル当局が、選挙法を破ったように見えるその子会社のユーチューブがヴィデオを取り除くことを拒絶したとして、9月26日にグーグルのその国の代表を短期間拘束した時、それらの見出しはグーグルが表現の自由の守護者としてそのイメージを修復するのに役立った。

二週間前、これらの信任状は錆びついたように見えた。グーグルは8か国のネット利用者に、ムスリムを立腹させた映画の予告編を見ることをできないようにした。インドやサウジアラビアを含んだ6か国では、地元の裁判所がそのフィルムを禁止した。反対者がアメリカ大使館を攻撃し、数人を殺したエジプトやリビアでは、グーグルは自らの合意からそのヴィデオをおろした。

そのけんかは、いかにインターネット会社が公的な議論を管理し、いかに言論の自由を歓迎する国を拠点にする会社がそれを制限したいと思う国に反応すべきかについての懸念を惹き起こした。(活動的なシンクタンクのフリーダム・ハウスは、それが調査した47か国中20か国でインターネットの制限が増加していると計算する。)

6月に、グーグルは、2002年にはたった4か国しかコンテンツのブロックを要求しなかったのが、2011年の後半6か月で45か国がそうするよう求めたと明らかにした。要求の中には簡単に拒絶されたものもあった。カナダのパスポート事務所の役人は、ある国民がそのパスポートに小便をかけ、トイレに流すという、ケベックの独立を提唱するヴィデオをブロックするよう頼んだ。

ほとんどの会社は、運営している国の法律に従わなければならないことに同意している(たとえばナチスのコンテンツはドイツで禁止されている)。大きなインターネット会社は利用者がその政府が違法だと考えているコンテンツにアクセスすることを妨げることができ、一方何も禁止されていない国でそれを訪問者が利用できるようにしておく。その行動に透明性が約束されているものもある。ツイッターは、グーグルのように、6か月ごとに政府が情報をブロックするよう要求したものの報告を出している。それはまた、その国でコンテンツを検閲した時にその国民に警告を発している。
 

何をしたか私に教えなさい

アメリカの立法者は、より多くの会社がしたがうよう望んでいる。3月に議会の副委員会が、2004年に起稿された、グローバル・オンライン・フリーダム法の最新の改定を承認した。これは、指定された制限的な国のグループで運営する技術会社に、彼らがいかに人権問題に対処しているかを示す年次報告書を発行するよう要求するだろう。それは、グローバル・ネットワーク・イニシアティヴのような似たような監視を提供する非政府組織に登録している企業に、それを除外するだろう。2008年にグーグル、マイクロソフト、ヤフー、そして人権団体連合によって設立されたそれは、それ以来行き詰っている。フェイスブックは5月に参加したが、オブザーヴァーとしてのみだ。ツイッターも入っていない。

母国市場での表現の自由を管理することも難しい。アメリカのウェブサイトは広範な自由を享受しているが、ほとんどの利用者は、たとえそれらが違法でない時ですらも、憎悪の言葉やわいせつ物を禁止する政策を支持する。よく練られた共同体指針は、プラットフォームに人格を与える(そして神経質な親たちを安心させる)。しかし、熱心すぎる現代化は「馬鹿げた検閲的な」結果を持ちうる、とシンクタンクの民主主義と技術センターのケヴィン・バンクストンは語る。性的に偏ったコンテンツを禁止したルールを引用して、フェイスブックは先月、エデンの園での胸をはだけたイヴを描いたニューヨーカー誌の漫画を取り去った。それはまた、どんなにその写真がわいせつではなくても、もし母親の乳首を写していれば、利用者の母乳を与えている写真を繰り返し取り除いている。

商業的な懸念が一貫性を負かしうる。ツイッターは、活気のないオリンピック報道を批判してNBCのマネージャーの電子メールアドレスを公表した記者のアカウントを短期間保留した。ツイッターは、(事業提携をしている)その会社を批判したツイートを監視していたことを認め、二度とそうしないことを誓った。自動化されたシステムもまた、あまりに熱心になりうる。著作権違反を引用して、ユーチューブのロボットは、ミシェル・オバマの9月4日の民主党大会の演説のヴィデオを短期間ブロックした(おそらくBGMのために)。8月に、NASAの火星着陸の公式映像が同じ運命にあった。表現の自由の団体のエレクトリック・フロンティア財団のジリアン・ヨークは、それらが反ポルノソフトウェアの引き金を引きうるので、どんなに無垢だったり芸術的だったとしても、どんなヌードの映像も掲載することを拒絶するサーヴィスもあると考えている。

その問題に気付いて、ウェブ会社は彼らのシステムを改善しようとしている。フェイスブックの報告道具は今、利用者自身の間で単純な不満を解決するのを助けている。コロンビア法学校のティム・ウーは、映像ホスティングサーヴィスはいつの日か、利用者委員会に敏感な映像をその国で見られるようにするかどうか決めるよう訊ねるようになるかもしれないと推測する。裸にイライラしていないヨーロッパ人は、アメリカの広告業者の標準から逃げ出すかもしれない。しかし、その国境をまたいだつながりをほめたたえるソーシャルネットワークに施行するのは難しいだろう。

より簡単な救済策は、利用者をより幸せにするかもしれない。インターネットの自由の専門家レベッカ・マッキノンは、ウェブ会社が仲裁政策を施行するのに「立法、警察、裁判官、法廷、そして執行官」としての役割を果たし、そのメンバーにより多くの訴えの機会を提供すべきだと語る。ヨーロッパのデジタル制作の形成を助けているオランダの政治家のマリーチェ・スハーケは、言語道断な判断に挑戦したいと思っているウェブ利用者は、より多くの法律の助けが必要だと考えている。

幾つかの国で法律を変えることは、プラットフォームが悪い決定をするのを避ける役に立ちうる。ウェブ企業を利用者のコンテンツの単なるホストではなく出版社だと考えている時代遅れのメディア法で脅す政府もある。2010年にイタリア法廷は、知らされた時に取り除いたのだが、ユーチューブ上に障害を持った少年をいじめられた映像が現れた後に3人のグーグルの重役に執行猶予付き投獄刑を言い渡した。厳しかったり費用の掛かる侮辱法を持った国々のサイトはしばしば、その長所に関わらず、不平を受けたその時にコンテンツを検閲する。(スコットランドの法制度は違うが)イングランドは、負兵舎がコンテンツの製作者に簡単に接近できるようにしているインターネットのプラットフォームにより大きな免除を贈るよう法を変えている。

検閲のリスクよりも攻撃を避けることにより高い価値をつける利用者もいる。多数派は物事を逆に見る。だから、インターネット会社は決してみんなを喜ばすことはできない。しかし、よい法は少なくとも彼らに正しい方向を指し示す。
 

発行日: 
2012-10-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加