とげっぽい疑問 - 侵略的な種

定義上保守的である環境保護主義者は、ふつう新種をある環境に導入することについて恐れを持って見る。もしそのような種がうまく行けば、それは、むしろ軽蔑表現である「侵略的」と描写される。しかし、そのような種が実際にどれだけの変化を起こしたか(または、環境保護主義者の見方ではそれらがどれだけの被害を与えたか)がしばしば未決だ。だから、これを理解しようと試みた北アメリカでのセイヨウクロウメモドキについての二つの最近の研究は、その議論への歓迎される一条の光だ。

クロウメモドキは、生け垣を作るために19世紀にヨーロッパからアメリカに輸入された。それ以来、それはその国の森林地帯に広がり、多くの博物学者はそれが現地の野生動物にとって悪いと考えている。その新しい研究は、もしあなたがカエルや小鳥ならば、彼らが正しいことを示唆する。けれども、もしあなたがコヨーテかアライグマならば、クロウメモドキはよいことだ。

シカゴのリンカーン動物園のセス・メーグルは、これらの捕食者がクロウメモドキが育つところでより一般的なのではないかと考えた。彼はそれ故に、その町の近くの35の森に動作反応型のカメラを設置した。いくつかの場所にはたくさんのクロウメモドキがあった。いくつかにはなかった。

彼は実に、特に鳥が巣を作る春に、クロウメモドキが一般的なところでより多くのコヨーテやアライグマを見つけた。クロウメモドキは、他の植物に影を作り、故にそれらの成長を妨げることで悪名高い。それは森の下層植生を薄くし、可視性を増し、メーグル博士が説明するにはそれによって捕食者はより密度の濃い植生が隠しただろう巣を見つけることができる。だから、捕食者たちは来て見るのだ。

その隣人に影を作る以外に、クロウメモドキはまた化学兵器も使う。その葉は、見るものをくじくエモジンと呼ばれる毒で満ちている。リンカーン動物園のメーグル博士の同僚の一人アリソン・サセルドテ=ヴェラットと北イリノイ大学のリチャード・キングは、葉が落ちた時にこの化学物質が世界にどのような影響を与えるのか不思議に思った。

エモジンは、カエルの卵の上に垂らしたときカエルの胎児を殺すことを彼らは見つけた。そして、彼らがいくつかの現地の池を分析した時、彼らはそれらの中にその化学物質を発見した。アメリカを含んだ多くの場所で両生類の数は減っており、多くの原因が示唆されている。エモジンは確かにたった一つの原因ではない。だが、それはたぶん両生類たちを助けてはいない。
 

発行日: 
2013-05-25
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加