西の夜明け - アイルランドとユーロ危機

なぜアイルランド人は、彼らの救済計画を後にするために手助けするのに値するのか

ほとんどのユーロ圏の周辺のほとんどの見通しは暗いままだが、西にかすかに表れる望みがある。2013年の終わりまでに、アイルランドはその救済計画を後にし、再び自分の足で立つことができるかもしれない。

アイルランドの回復は、アイルランドとその首相エンダ・ケニーと同様に、ヨーロッパとその事実上の指導者アンゲラ・メルケルドイツ首相への一押しを提供するだろう。救済の対価として課された緊縮と構造改革の議論を呼んだ治療がうまくいくということを示すだろう。それは、特に秋に投票に行くドイツの有権者といったヨーロッパの中核の選挙民に、ギリシャの場合とは違って救済が彼らに終わりなき税金の要求を宣告することではないと安心させるだろう。そして、アイルランドによる債券市場への維持された収益は信頼をより一般的に押し上げ、ポルトガルやスペインのようなほかの救済された経済を助ける。

南部ヨーロッパの苦労する経済とは違って、アイルランドは話をするのによい物語がある。去年、それはユーロ圏の悲惨な景気後退をかわした。その国の単位労働費用は鋭く下がり、その経済をより競争的にしている。それは、その低い法人税率のためばかりではなく、その国を国際的な市場への製造業とサーヴィスの中心として好み続ける外国の会社にとって、アイルランドの魅力を強化している。これらは有益な利点だ。もし事態が2013年によくなれば、アイルランドはさらなる支援なしでその計画を去ることができるかもしれない。
 

ケルトの二日酔い

しかし、ハッピーエンドは決して保証されたものではない。アイルランドの外国企業への極度の依存は、経済的にも財政的にも脆弱性を作り出す。例えば、もし世界的な成長が今年揺らげば、アイルランドの輸出はその経済よりも大きいので、そこにきつく当たるだろう。いかなる経済的後退も、去年の遅くの更なる〈第6次〉緊縮予算で計画された、財政再建をより難しくする。たとえ事態が計画通りに行っても、2007年にはアイルランドのGDPのたった25%だった公的債務は、2013年には120%を超える。そしてひとたび低税率の外国多国籍企業に行っているGDPの大部分を考慮すれば、それはほぼ140%に達する。

もし間違えば、この規模の債務負担は維持できないと判明しうる。それが、なぜアイルランドが残りのヨーロッパからの助けを我慢しうるかの理由だ。その公的債務の約1/3は、アイルランド人納税者がひどく憤慨した賦課であるその銀行救済のためのものだ。アイルランド政府は、2008年の金融危機の真っ最中に銀行の債権者に全面保証をしたので、それについてかなり責任がある。しかしヨーロッパの指導者たちは、債券市場での債務不履行の反響を恐れて、のちにアイルランド政府に銀行の上級債券保有者を保護するよう強いた。

メルケル女史がアイルランドを助けることができるいくつかの方法がある。アイルランド政府が2010年にその銀行を助けるために使った約束手形IOUの条件は緩和されうる。より有効な方法は、ユーロ圏の恒久的な救済基金であるヨーロッパ安定メカニズム(ESM)が操業可能なままのアイルランドの銀行の株を取得することを許すことだ。それはアイルランドの国債のいくらかを取り除き、アイルランドの銀行のより多くの災難の結果としてのさらなる公的資金の要求から政府を隔離することによって、その国を助けるだろう。それはまた、債務危機を悪化させている弱い銀行と弱い政府の悪循環を破るために去年の6月にヨーロッパの指導者たちによる引き受けを具体化することによって、ユーロ圏を助けるだろう。

ドイツとほかのいくつかの中核的債権諸国の財務大臣たちは、EMSは新しい救済でのみこのやり方を展開しうる、と続いて語った。メルケル女史にとって、特に選挙の年に再びコースを変えるのは難しいだろう。しかし、ユーロ圏は遅かれ早かれ、個々の国が対処する能力を超えている債務に取り組まなければならない。さらに、ヨーロッパの債権者は、救済計画からまとめて立ち去るコースに載るためにとてもよくすべての条件に従っているとして、アイルランドの良い行動に報いるだろう。それは、彼らが人気のない手法を押し通すので、他の救済された国々の決意をこわばらせるだろう。しかし、メルケル女史がそのような譲歩を提供する最も注目すべき理由は、救済の終わりでは投資家が光を見出すので、ドイツとより広いヨーロッパ経済も利益を得るだろうということだ。そしてユーロ圏が依然として景気後退に陥っているので、それは手に入れることのできるすべての光を我慢しうる。
 

発行日: 
2013-01-05
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加