依然として制限的だ - アイルランドの堕胎議論

アイルランドの堕胎についての法律を緩和する制限された計画が、鋭い議論を惹き起こす

アイルランドの最高裁は21年前に、女性の命を死の危険にさらすかもしれない妊娠のリスクがあれば、堕胎は合法だと裁定した。その訴訟は、最高裁がひるがえした、下級裁判所に堕胎のためにイングランドにわたることを止めた決定をされた、性的虐待を受け自殺的な10代の若者を巻き込んだ。しかし、後に続く政府はその裁判所の決定を無視した。アイルランドは依然として先進国中で最も制限的な堕胎の体制を持っている国の一つだ。毎年4,000人以上のアイルランド人女性が英国にわたって妊娠中絶する。アイルランドの問題への英国的解決だ。

しかしながら、3年前、欧州人権裁判所はアイルランドにその堕胎法を明白にすることを要求することによって政治家が措置を講じるよう恥いらさせた。より最近には、あるインド生まれの歯医者が繰り返し中絶を要求していたにもかかわらずゴールウェイの病院で流産の後に亡くなった時の国際的な抗議によって、その議論は再点火された。

統一アイルランド党と労働党の連立政権は、今では、今年立法することを約束している。しかし、アイルランド首相のエンダ・ケニーは、1992年にすべきだったことを2013年にすることは、あざを作るような経験だと理解し始めている。制限された形の堕胎を許可する彼の政府の動きは、彼の党内部とその連立相手の両方で分断を作り出し、苦いおおやけの議論の引き金を引いている。最近のテレビインタヴューで、ケニー氏は彼が反堕胎運動家によって「ヘロデよりも悪者」にされていると悲しそうに注記した。

実際、その政府の提案は、最高裁の1992年の裁定を支持する法的枠組み以上のものをほとんど何も提供しない。しかし、反堕胎活動団体は、新たな法がより広いよりリベラルな体制への道を敷くとみているので、そのような制限された動きにすらも反対する。あるカトリックの僧の言葉では、その提案は「死の文化への道の第一歩」を記録するという。

1月1日に始まったEUの持ち回り議長国としてのアイルランドの仕事は、その堕胎法への改まった注目に焦点を当てている。その議論はまた、カトリック教会とますます世俗化するその国との間の関係をさらに緊張させている。2011年7月に、ヴァチカンはケニー氏の教皇庁がいくつかのアイルランド司教区のカトリックの聖職者による子供への性的虐待の公的調査を害しているとの非難に反応して、ダブリンからその公使を召還した。それからその政府は教皇庁へのアイルランドの独立した大使館を閉鎖した。その教会の、計画された堕胎法制への声を出しての反対により、ますます緊張しそうだ。

ほぼ2年間職に就き、アイルランド史上最大の議会多数派を享受しているにもかかわらず、その政府は、EU、IMFそして欧州中央銀行による2010年のアイルランド救済の条件として課された緊縮のために人気が落ちているのを見ている。今、経済はついに好転しているようだ。21年前の堕胎についての司法決定に対するケニー氏の計画は、長く期限を超えている。しかし、緊縮の年月によって残されたいやな空気は、依然として彼に不快な夏を迎えさせるかもしれない。
 

発行日: 
2013-02-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加