アイ・ロボットマネージャー

 

経営思想家たちは人とロボットの関係についてより熟考する必要がある。
 
ロボットはとても長い間空想科学小説の産物だったので、現実的なマネジメントの対象としてみなすのは驚くほど難しい。チェコの脚本家カレル・カペックがその名前を1920年にスラブの言葉で労働を意味するものからつけた。アメリカの作家アイザック・アシモフは、彼らを最も重大なジレンマに直面させた。ハリウッドは彼らをスーパーヒーローや極悪人に仕立てた。映画評論家がハリウッドの50人のいいやつらと50人の悪いやつらを挙げたとき、唯一どちらのリストにも顔を出したのはロボットだった。ターミネーターだ。
 
経営思想家たちが空想科学小説家たちに追いつくときが来た。ロボットは1960年代から生産ラインでつまらない仕事をしてきた。世界は既に100万を超える産業用ロボットを持っている。今、それらは加速的に爆発的な連携でより賢く、そしてよりやすくなりはじめている。ロボットは周りの世界との相互作用を学んでいる。それらのものを見る能力はより人間に近くなっており、情報を取り入れてそれに沿って行動する能力も近づいている。明日のロボットはますます繊細で複雑な仕事を引き受けるようになるだろう。そして、人や機械とぶつからないようにかごの中に閉じ込められるかわりに、彼らは自由に動き回るようになるだろう。
 
アメリカの軍隊はこの道で輝きを放っている。彼らは今兵隊の中で働く12,000以上のロボットを持っている。シンクタンクであるブルッキングス研究所のピーター・シンガーは人間が5,000年間独占してきた戦争を戦うということは崩れ始めているという。最近戦場に現れたものとして、偵察の役割をする小さな「昆虫」や、敵を脅かす大きい「犬」などがある。ペンタゴンはまたEATRという、周りで見つけたどんな生物体でも食べて燃料にするロボットに取り組んでいる。
 
しかし民間の世界でははるかに遅れている。この注目すべき機械の他に誰が下水管を掃除したり核廃棄物を吸い出したりするのに向いているというのか?日本人はこの分野でのリーダーであるのに最近の地震の後始末に驚くほどほとんどロボットを使わなかった。彼らは、自分たちは間違った場所に間違った種類のロボットを持っていたといった。しかし彼らは世界中にロボットの助けを求め、まもなく多くのロボットが入ってくるようだ。
 
ロボットがサービス産業に参入するに連れ、それらはより機械というよりも生き物に見えるようになり始めた。AISTという日本の調査会社によって作られたParoは赤ん坊のような形をしている。ホンダのロボットASIMOは人間型ロボットで、歩き、話し、命令に反応することができる。アメリカ製の「性的ロボット」Roxxxyは全ての好みにあわせるようプログラムすることができ、(多くの実生活での配偶者とは違って)パートナーの話を聞いて、自分の行動を改善するよう試みる。
 
今まで、上役たちは管理の問題というよりも技術的な問題だとしてほとんどロボットを無視してきた。これは続けることができない。ロボットはあまりに力を持ち、どこにでもあるようになり始めている。会社はこれらの新しい種類の労働力を得るために彼らの戦略を考え直す必要があるかもしれない。例えば、絶え間なくただで働く賢い機械を持っているとき、彼らは本当に生産を中国に外注する必要があるのだろうか。彼らは確かに人事政策を考え直す必要がある。まず純粋に人事に専念する部署を持つべきかどうかを問い直すことからはじめて。
 
最初の問題はロボットそれ自身をどのように管理するか、ということだ。アシモフは1942年に基本的なルールを定めた:ロボットは人間に害を及ぼしてはならない。このルールは最近の技術進歩によって補強された:ロボットは今、回りのものに対してより敏感に反応するようになり、人々に当たらないように指図されることができる。しかし、ペンタゴンの計画はこれら全てをより複雑なものにした:多くのロボットは本質において殺人機械になる。
 
2番目の問題は人間とロボットの関係においてどのように人間の側を管理するかということだ。ラダイトの最初の自動織機に対する恐れのときからずっと、労働者はいつも新しい技術が彼らの生計の手段を取り去るのではないかと恐れてきた。機械が人間の顔で訪れるようになると、この恐れは特に強い形になって現れた:ロボットがその名前を得たカペックの劇は、最初は多くの利益をもたらしたロボットが、最後には多くの失業と不満を導くことを描いた。今、高い失業率の時代に、より多くの人間型ロボットが仕事場に入ってくることは、反応を引き起こすに違いない。
 
エイリアンを愛して
 
だから会社は、ロボットは生産性を高めるためのものであって、仕事を奪うエイリアンではないということを労働者に対して説得するためにしっかり働く必要がある。彼らは、被雇用者に対して、その周りにいるロボットは脅威ではなく助けてくれるものだということを示す必要がある。アウディは労働者にロボットが実績を挙げることのできる範囲を尋ね、その労働者にロボットを監督させることによって、産業ロボットの導入に特に成功した。雇用者はまたロボットは豊かな世界において製造業の仕事を保持する助けになるということを説明する必要がある:ドイツが英国に比べてそのような仕事を失っていない理由の一つとして1万人の労働者に対してドイツは英国の5倍のロボットを導入しているということが挙げられる。
 
これらの二つの原則-ロボットに人を傷つけさせたり恐れさせたりしないこと-は比較的簡単だ。ロボット科学者はロボットがより洗練されることによって起こるより複雑な問題に取り組んでいる。彼らは(リーダーがいなくなったとき残りが働かなくならないように)救助ロボットの階層をなくすことに熱中している。だから彼らはロボットが平等主義的な方法でお互い情報伝達できるようにゲーム理論を使っている。彼らは人間とそのロボットが複製になることを避けようとしている。だから彼らは、ロボットが絶え間なく自分たち自身を人間の意図に適応させるように、より複雑な数学的公式を生み出している。これは、世界が大きな管理革命のへりにいるのかもしれないことを示唆している:20世紀に好まれたように人間をロボットのように行動させるのではなく、ロボットを人間のように行動させるということだ。
 
 
発行日: 
2011-04-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加