人種差別をけり出す - イスラエル人、パレスティナ人、そしてサッカー

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

混合サッカーの困った問題

サッカーで人種差別と闘うことは、どこでも難しい。イスラエルでは、それは費用がかかりうる。ベイタル・エルサレムが1月にその75年の歴史で初めて二人のムスリムのサッカー選手を入団させて以来、そのチームはリーグ戦で勝っていない。そのクラブハウスは焼け落ちている。千人単位のユダヤのイスラエル人ファンは、そのクラブをボイコットし、チケット販売が不振に陥り、スポンサーは少しずつ離れ、そのチームは一部リーグの上位から急降下している。「ベイタルは死んだ。」ある評論家は監督に辞めるよう要求してほくそ笑む。ほんの一部のファンだけがまだ試合に現れる。(たまたまどちらもチェチェン人の)ムスリム選手のうち一人がボールに触ると、多くがブーイングをする。彼が得点を決めると、何百人もが退席する。

右翼シオニスト青年運動によって設立されたベイタル・エルサレムは、しばしばその国を建国したヨーロッパからのアシュケナージ知識人層からの軽蔑の的であるアラブ世界からのユダヤ人移民やセファルディムの間で多くのファンを惹きつけた。そのクラブは、その労働者階級のイメージを保全している。ファンたちはダヴィデの星のウェーヴをし、国歌を歌い、「ベイタルは純粋だ!」と叫ぶ。

しかし、かつてはルールだったベイタルの超民族主義的気風は、今では例外だ。イスラエルのサッカーリーグに参加しているパレスティナ人の数は、人口比率である1/5を超えている、とあるサッカー監督は語る。すべての大クラブはアラブの選手にプレーさせている。ハポエル・テルアヴィヴはその一人がキャプテンを務める。マッカビ・ハイファのチームには、シリア人を含んだ5人のムスリムがいる。イスラエルの勝ち抜き戦であるステートカップで数年前に優勝したブネイ・サフニンを含んだいくつかのチームは、ほとんどが全員がアラブ人だ。アラブ人とユダヤ人は、ますますひな段から同じチームを応援する。「それはアラブ人がイスラエルのガラスの天井を粉砕することができる貧乏人のゲームだ。」あるサッカー監督は語る。

政治家の中には、干渉するのに気が進まないものもいるが、国家機関は偏屈ものに取り組んでいる。イスラエルのサッカー連盟が人種差別で勝ち点を減らした後に、「アラブに死を!」の叫びは、ベイタルの観客席から消えた。暴動警察の密集部隊は「ムハンマドは死んだ」を歌うベイタルのひな壇を監視する。

ベイタルすらも変わろうとしている。今年初めて、それは少数の地元パレスティナ人をそのユーストレーニング計画に参加させた。「後戻りはできない。」ユースチームを運営する元ベイタルの弁護士のモシェ・ベン・アロウシュは語る。「我々には共存以外の選択肢がないのだ。」
 

発行日: 
2013-04-13
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメントを追加