このような仲間と一緒に… - コートジボワールの恐ろしい過去

コートジボワールの大統領は、正邪の感覚を課すのに苦労している

コートジボワールの中西部にあるマウント・ペコ国立公園の野営地で最近政府の兵士たちを楽しませた時、緑と青のパジャマのズボンをはいて、アマデ・オレミは彼らと何気なく冗談を言い合い、携帯電話の写真のためのポーズをとった。少なくとも100人はいると信じられている、オレミ氏の個人的民兵は、10年以上にわたってその保護された森林を占領していた。数時間後、政府の兵士たちが彼を捕らえ、引きずって青いヴァンの中に悲鳴を上げながら蹴りこんだ。「なぜ私だけが犯罪で告発されるのか?」彼は語った。「彼らは私なしで食べたいのだ。」

2010年の紛糾した選挙の後の、コートジボワールの短いが残忍な危機以来ずっと、オレミ氏はいまは国軍となった反乱軍と近い関係を楽しんでいた。Dozosと呼ばれる伝統的な狩人の仲間と一緒に、彼は、国際的に選挙に買ったと認識されたアラサン・ワタラに替わって、現職大統領のローラン・バボに忠実な軍隊からその国の西部をもぎ取るのを助けた。その過程で、彼らはペコ山そばの町ドゥエクエで何百人も虐殺したと言われている。オレミ氏がその大虐殺に関与したとの申し立てにもかかわらず、彼は森林の占領についてのみ審理されそうだ。これはさらに多くの「勝者の裁判」の非難を招くだろう。今まで、ワタラ氏の支持者は誰も選挙後の暴力とのつながりで訴追されていない一方で、バボ氏の党派の150人以上が審理に直面している。

政府の任命した委員会が、去年両側が暴虐を犯したと結論付けた。しかし、その軍隊もまたドゥエクエの虐殺に関わった西の攻撃の企画者はいま、軍司令官の一人だ。超法規の殺人に関わった兵士たちを監督していたとして非難されている、別の良く知られた親ワタラの司令官は、今、南西部の局長だ。リストは続く。

それは、ワタラ氏が権力に上った異常な性質を反映している。外側からの目では、彼は自由で公正に選ばれたけれども、彼は選挙までその国の北を運営していた軍閥によって率いられた反乱軍の支援でその執務室に入った。ほとんどがその第一の忠誠を、今は国会の議長である元反乱軍司令官のギヨーム・ソロに対して持っている。ワタラ氏は熱心に彼らの忠誠を求めている。治安機関で素晴らしい職を得るのと同様に、彼らは反乱軍指導者として打ち立てた巨大な密輸網と並行徴税制度を持っている。最近の国連報告は、密輸が政府に何億ドルもの費用をかけさせているという。

ワタラ氏は力強い大統領として現れている。議員たちは、彼が2012年に10%近いGDP成長を発表した後で、法令で経済政策を施行する権力を彼に与えた。しかし、彼はしばしば武装兵たちのとりこのように見える。オレミ氏の逮捕の後で、その大統領がついに彼の周りのより不快な人物の何人かを取り除く準備ができたと、用心深い楽観主義を表現したものもいる。その政府は5月に、危機後に殺人を犯した大統領陣営の二人の普通の兵士たちに対する有罪を勝ち取った。しかしながら、大物は触られないままだ。
 

発行日: 
2013-07-13
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加