彼の脇にいる女性:ジェナ・ライアン

時折、副大統領候補のソウルメイトはスポットライトのただ外側に漂いうる。しかし、おそらく、43歳の弁護士でロビイストが主婦になり、次のセカンドレディになるかもしれない興味深いジェナ・クリスティン・ライアンは違うだろう。

オクラホマ州マディルの裕福で政治的コネを持った家庭に生まれた小さなジェナは、ウェルズレーをスペイン語の学位で優等で卒業した。次に、彼女はワシントンのジョージ・ワシントン大学の法学部へ向かった。

オクラホマでの家族の深い民主党とのつながりを抱きしめて(彼女の叔父は元上院議員のデヴィッド・ボーレンで、いとこのダン・ボーレンは今議員だ。)、ジェナ・ライアンは議会での南中部民主党のための記者に登録した。そこから、彼女は、OpenSeacret.orgによれば、ブルークロス/ブルーシールドからコノコ・インクまでの顧客を代表するロビーイングに転じた。ジェナはプライスウォーターハウスクーパーズで働いている間に、共通の友人が彼女を当時1期目の議員でキャピトルヒルのもっとも適格な独身者だったライアンに紹介した。

ライアンはジェナを狩りに連れて行き、最後に彼のもっともお気に入りの釣り場の一つで彼女にプロポーズした。彼らは、彼女が31歳で彼が30歳だった2000年に結婚した。彼女はKストリートを去り、10歳のリザ、8歳のチャーリー、そして7歳のサムを育てている、ライアンの故郷であるウィスコンシン州ジェーンズヴィルに去ったことによってワシントン政界の友人を驚かせた。

彼女はロムニーたちとの最初のイヴェントの一つで貸し出されたマイクを穏やかに断った。一方、熱心なファンはJannaRyan.comを立ち上げた。彼女は秋に選挙戦が激しくなるにつれてより多くの注意を集めることが確実である。
 

発行日: 
2012-08-27
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加