日本とジハード – 砂の嵐

離れた列島が、テロとの戦いから離れたままでいることに苦労している

中東歴訪中の日本首相安倍晋三は、イラクとシリアの過激派ジハーディスト集団イスラム国(IS)が22億ドルの身代金をすぐに支払わなければ二人の日本人人質を殺すと脅したニュースで、横から殴られた。その要求金額は、数日前に安倍氏がエジプトでISと戦う国々に与えると約束した金額と同じだ。

日本は中東の石油とガスにとても依存しているので、その地域での安定を育てる欲求が促されている。いかにその人質機器を扱うかは今、安倍氏のもっともきつい外交政策への挑戦だ。彼はその二人の開放のためにあらゆる手段を用いると誓った。しかし、身代金の支払いは、日本の同盟国アメリカの怒りを買うだろう一方で、日本は救出作戦自体を始める技術も、そして平和憲法のためにその法的裏付けも、持っていない。ISとのいかなる交渉でも、日本はテロとの戦いに屈しない姿勢を保持しなければならない、とある政府高官は語るが、人質解放の方法を探らなければならない。過去には、日本は身代金を支払った。

二人の人質はありそうもないペアだ。湯川遙菜は、シリアに自分探しの旅に出かけたようだ。彼は、去年の夏、彼を捕えたISと戦う反乱軍に参加した。後藤健二は熟練の記者、ドキュメンタリー政策者で、戦争で苦しむ人の描写で知られている。もし彼が湯川氏の解放の見通しをもってISに近づいたのならば、彼は目を見開いてそうするだろう。

安倍氏について言えば、その危機は彼が公言している日本を世界の中でより大きな役割を果たさせるという指名を複雑にする。ソーシャルメディアから判断すると、普通の日本人は人質に同情していないだけでなく、安倍氏が彼等を解放しようとしている努力も支持していないようだ。しかし、多くの日本人はまた、より広い世界での困難がただどこかに行ってほしいとも願っている。その望みは今、難しくなっている。

 

レヴュー: 
事実関係については良くまとまっているとは思うが、国内の雰囲気についてはどうなのだろうか、と言う気がする。ソーシャルメディアには目立つ意見が出やすいので、それで一般の雰囲気を判断しようとしても、ちょっとずれるのではないか、と言う気がするが、人によって受ける感覚はそれぞれなので、何ともいえない。ただ、ここまで薄情な国民だと思われているのは、私としてはちょっと心外に感じる。
発行日: 
2015-01-24
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
人物: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加