広い口のカエル - 日本の安全保障

その国は、第二次世界大戦以来最大の軍艦を進水させる

もしそれが空母と同じくらい大きく空母のように見えるのならば、それが空母である可能性がある。または、かんたんにそれに変えることができるだろう。8月6日に横浜で、日本は第二次世界大戦以来その国で最大の軍艦を公開した。公式には、いずもは護衛艦だ。それが2015年に就役するとき、それは対潜水艦戦と国境警備活動に使われる14機までのヘリコプターを積むだろう。満載排水量2.7万トンのその船は、日本の艦隊の他のどれよりも1.5倍大きなものだ。それはまた、被災地にたくさんの人々や装備を運ぶこともできる。

少なくとも今のところ、例えば攻撃空母を持った、軍隊を外国に展開することを禁じた、戦後に書かれた日本の平和憲法に、いずもは何も挑戦することはない。しかしながら、248メートルの甲板を持ったいずもは、もし憲法や環境が変われば、固定翼機の発着にも使いうるという推測が広まっている。その船は、フランスのシャルル・ド・ゴールやイタリアのカヴールと似たような大きさだ。それは、そこから英国がハリアーの垂直離着陸ジェット機を運用しているインヴィンシブル級の空母よりも40メートル近く長い。出雲は(離陸のためのカタパルトと着陸のためのアレスター線である)「キャッツ・アンド・トラップス」や「スキー・ジャンプ」の弓を持っていないが、アメリカのステルス型新攻撃戦闘機の短距離離陸版を飛ばすための修正には長くはかからないだろう。すでに(ソ連製を転換した)空母を持っており、少なくとも2つの似たような設計のものを建設している中国は、怒って、いずもを「偽装空母」と呼んでいる。それは要点をついている。
 

発行日: 
2013-08-10
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加