ウォンアップマンシップ - 日本の通貨

日本は円とウォンの呪いを破ることができるのか?

円の、特に韓国ウォンに対する強さは、日本の電機会社に近年赤字を跳ねかけるのを助けてきた。今ではそれは血をまき散らしている。2月27日に、日本のDRAMメーカーのエルピーダは、第2次世界大戦以後日本の製造業で最大の破産となった。その消滅の一番の受益者は韓国のサムスンだ。

通貨の有利だけでサムスンがエルピーダをたたいたことを非難するものは誰もいないだろう。その電機の巨人は、多くの日本の競争者よりも素早く勇敢だ。しかし、円/ウォン為替レートは2008年中頃の世界的金融危機の始まり以来、大々的に韓国の輸出者に有利に作用してきた。その期間に、ウォンは円に対してだいたい50%下落し、韓国企業が価格において日本企業を浸食し、その国を経済成長の軌道に戻す力を与えた。しかしながら、円は、呪われたように行動している。日本が経済的苦境に陥れば陥るほど、その通貨は強くなったのだ。

それが、日本の輸出者が、ウォンに対する最近の高値である10月はじめから10%下がってほっとしている理由だ。それは、円のドルやユーロに対する下落を上回っていた。主要な要素は、世界的なリスク選好の変化かも知れない。ウォンの上昇はしばしばアニマルスピリッツのバロメーターだ。しかし、通貨専門家は、円の下落は、1月の記録的な貿易赤字とともに、最近日銀が新しい1%のインフレ目標に近づくまで国債を買うという関与によって勢いを与えられたためのようだ、と語る。ブローカーのCLSAのニコラス・スミスは、過剰流動性の多くは最終的には日本の資産市場に流れこむと信じている。2月29日に日本の株式指標、日経は7ヶ月ぶりの取引時間中の高値を記録した。

日銀は、その円/ウォンレートよりも円/ドルや円/ユーロレートに関心があるのは疑いがない。金融取引の面では、これらははるかに重要だ。しかし、産業的な視点では、そして日本では輸出業者が強力な団体を構成しているので、円/ウォンレートは同じくらいに問題になる。たとえばソニーとサムスンやホンダとヒュンダイのライヴァル関係を見てみる。日本の立場からは、韓国企業はアメリカ企業よりもはるかに厳しい世界的な競争相手だ。

未来について言えば、懐疑主義者の中には、お節介な韓国銀行がウォンを安くするのを控えることができるというのを疑う者もいる。しかし、HSBCのダニエル・フイは韓国の通貨は円に対して強くなり続けるかも知れないと信じている。彼は、それは一部には、韓国が外貨準備のレヴェルに満足しているように見え、そしてまた、輸出業者がもはや安い通貨だけに頼っていないという弾力性に自信を持っているためだという。別の要素が、円のウォンに対する過剰な切り下げの原因となるかも知れない。韓国の輸出業者は日本のそれよりも、新興アジアのような新しい市場を切り開くのに積極的だと言うことだ。それは、韓国銀行の反応への圧力を減らして、日本企業にとってこれらの市場で追いつく、激安の円となるだろう。
 

発行日: 
2012-03-03
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加