警告とともにみられたヨハネスブルグ証券取引所の計画 - 南アフリカの証券取引所

果たされていないがくじけもしない野望

ヨハネスブルグ証券取引所(JSE)は、その大陸ではるかに最も大きく、最も流動性があり、もっともよく規制された市場として目立っており、近年それは、国境を越えて到達するためにその地位を使おうとしている。

しかしその野心は、今のところ、ほかの南アフリカの組織のようにそれがその国の支配力、国益、そして仲間のアフリカ市場の低開発の性質についての恐れに直面しているので、かなりが満たされていない。

2009年に、JSEは、その大陸中から上場企業を呼び集め、国際的投資家のアフリカへの関心を生かすための試みとして、「アフリカ・ボード」を設立した。

しかし、それは、ナミビアのトラストコとボツワナのワイルダーネス・サファリスという、どちらもその後そのアフリカのボードからJSEの本体に変わった、たった二つの会社しか惹きつけなかった。

JSEの社長ニッキー・ニュートン=キングは、アフリカ・ボードが「調整しそこなって」いると語り、「我々は、その大陸でやろうとしていることに関して、我々が好んだだろう物ほど成功していない」と認める。

アフリカ・ボードは、その大陸からのほかの会社がJSE本体に直接上場することから効果的に締め出している。

しかし、ニュートン=キング女史は、JSEがアフリカの同業者たちとチームを組むという彼女の野望をくじかれていない。

彼女が追求しているほかの戦略は、ほかの証券取引所を結びついているJSEが、ほかのアフリカ市場での取引が、その交換所への既存のつながりを通して行われることができるようにするだろう、ルーティング・メカニズムを提供するとみるだろう。

それをするのに、「我々は二つの交換所ととても近い」と彼女は語るが、その名前を出そうとはしない。

「このすべての要点は、我々が依然として、JSEの流動性のより深い蓄積と、JSEを通してのより強い活動を、アフリカの企業とあわせるという、会社と地元市場にとってウィンウィンである方法を(見つけること)を好むだろう、ということだ。」

「地元市場が快適に感じることができ成長できるモデルを見つけなければならない。」

たとえほかのサブサハラアフリカ市場が結びついても、彼らは依然として、MTN、アングロゴールド、アシャンティ、そしてブリティッシュ・アメリカン・タバコといった多国籍企業を含んだ400の上場企業と、約9,290億ドルの市場規模を持つJSEからは小さく見えるだろう。

これは、約200の上場企業と550億ドルの市場規模を持つナイジェリア株式市場や、62社と140億ドルのナイロビ証券市場と比較できる。

世界経済フォーラムは証券取引規制で南アフリカを142か国中1番に位置付けている。

ニュートン=キング女史は、ほかのアフリカ企業との相互上場モデルは、JSEのアフリカ戦略の重要な部分の一部のままだと語る。

現在、JSEには12のアフリカ企業と二つか三つの債務分割払いが上場している。それは最近南アフリカ準備銀行から、その最初のドル建て産品であるザンビアのメイズ契約を取引する承認を得た。

ニュートン=キング女史は、ロンドンと比べた時、JSEは国際投資家(外国投資家はJSEの資本投資の1/3を占める)を惹きつけ、アフリカの会社に「ロンドンのより大きな混雑の中で失われるよりもむしろ目立つ機会」を供給するより安い上場場所を提供すると語る。

彼女は、その地域の取引所間での協力は改善していると信じている。「関係はかなり何年間もそうだったものよりもよくなっている。」と彼女は語る。
 

発行日: 
2012-11-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加