沈黙の音 - 音楽コンクールを審査する

トップの音楽家はメロディと同じくらい動きで評価される

音楽の中には、いつでもパフォーマンスであるものがある。例えば、ロックバンドのライヴを見ることは、音の質を賞賛するだけの問題ではない。音楽家が舞台上に運び上げるものは、ほとんど同じくらい重要なのだ。しかし、クラシック音楽は、そのような邪魔から免れるだろうと考える人がいるかもしれない。演奏がコンクールの一部として審判されているときには、いっそうそうではないかと。しかしながら、ロンドンのユニヴァーシティ・カレッジの研究者でもあるコンサートピアニストのChia-Jung Tsayによる研究は、賞を与える審判ですらも、聴いたものと同じくらい見たものによって揺さぶられうるということを示唆する。

米国科学アカデミー紀要で発表されたばかりのTsay博士の研究は、審判の判断に同意するかどうか見るために、10の著名な音楽コンクールでの演奏を評価するよう、1,000人を超えるヴォランティア(半分が初心者で半分が専門家)を雇った。それそれのヴォランティアは、それぞれのコンクールの上位3つである30の演奏を調査した。落とし穴は、ヴォランティアのたった1/3しか音楽付の演奏を見せられなかったことだ。残りの2/3は、両方ではなく、それぞれの演奏を見るか聞くかどちらかだった。

全部を見て聴いたか聴くだけだった初心者は、1/3を少し超えるくらいしか正しい推測をせずに、誰が勝ったかについてほとんど偶然同様だった。しかしながら、見ただけの人は、より良い成績だった。彼らはほぼ半分で実際の決定に合意したのだ。さらにおもしろいことに、芝居じみたご愛想を演奏の一部から遮り音楽の音自身に完全に集中するよう訓練を受けているだろうと考えるかもしれない専門家は、彼らが演奏を見ることもできたかどうかにかかわらず、音を聞くことができた時に、初心者よりも成績が悪かったのだ。彼らは1/3を少し下回る程度にしか正しく推測しなかったのだ。聞くことはできないが見ることができた時には、彼らは初心者と全く同じで、半分を少し下回るもので審判に合意した。

コンクールが本当に最高の音楽家を取り上げると信じる人にとってさらに悪いことに、初心者と専門家の参加者の両方が、演奏者の概要だけを示した無音のヴィデオを見た時、彼らは依然として半分を少し下回る正解を出したのだ。彼らが取り出したように見受けられるのは、情熱をもたらしたと考えたジェスチャーだったのだ。演奏者に優位を与えたのは、これらのものだったのだ。

この物語の一つの教訓は、音楽コンクールは本当は少しくじのようなものだということだ。もし専門家さえも演奏を見て聴くことができるときに上位3人から勝者を当てることができないのならば、そのようなコンクールでの本当の審判は、まるで誰が実際にトップであるのか決めるのにコイントスするのと同じように、一度は見込みのない人たちをえりすぐったかもしれないのだ。別の教訓は、これが実際に本当に起こっていないことを考えると、コンクール参加者は音楽的技能と同様に舞台技能も磨くべきだということだ。
 

発行日: 
2013-08-24
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加