困っている - 日本の歌舞伎劇場

二人の大物役者が亡くなり、その偉大な伝統に疑問を投げかけている

東京銀座の歌舞伎座は、日本でもっとも有名な劇場だ。それは、耐震性を持たせるために、完全に破壊され再建された後で、4月に再開する。もともとの低くつられた力みを残した新しいコンクリートファサードは、東京のきらびやかな商業地区真ん中に座り込む不調和な中世の寄せ集めだ。しかし、新しい劇場をもってしても、疑問なのは、日本のもっともよく知られた伝統的な舞踏劇の歌舞伎がその偉大な役者の二人の逝去を生き残ることができるか、ということだ。今月の12代目市川團十郎の死は、歌舞伎界からそのもっとも崇められた人物を奪う。團十郎は、ローレンス・オリヴィエが英国の観衆にとってそうだったように、何世代もの日本人に認識されていた。12月に亡くなった18代目中村勘三郎とともに、團十郎は、テレビ放映や外国の劇場公演で、現代的復活の時期を通して、歌舞伎界を導いた。

歌舞伎の伝統を背負うことは、しかしながら、名誉であるとともに、負担でもあった。偉大な歌舞伎役者は、その名前を受け継ぎ、その一人にふさわしい後継ぎがなければ、養子をとる。團十郎は300年前に歌舞伎の堂々とした様式を開拓した一家の子孫だ。彼はその父親のもので、厳しい、暴力的ですらある見習い期間に耐えた。「私が最もいやだったことは、父が私に物を投げた時だった。」彼はのちに語った。

演ずることは、集中と大きな肉体的強さを要求する。60キロの重さの衣装を着て権を振り回し舞台中を踊りまわって、團十郎は毎晩汗をかき疲れ切って終わった。彼の役のクライマックスは、劇場の後ろに光を反射しなければならなかった、悪魔を追い払うと言われた、睨みだった。

歌舞伎ファンは、演ずる激しさと何世紀もの伝統を持ってまわることが、その偉大な役者たちの人生を縮めたと納得する。たった3歳で最初に演じた勘三郎は、がんの合併症で亡くなった時、57歳だった。(團十郎は66歳で肺炎によって亡くなった。)勘三郎の息子たち、6代目勘九郎と2代目七之助は、18代さかのぼる家柄の管理を相続する。

驚くまでもなく、おそらく、これらの偉大な役者一族の重みの下でつぶれるものもいる。2010年に、團十郎の息子11代目市川海老蔵は東京のナイトクラブでのけんかで殴られた。その事件は彼の歌舞伎活動の停止と家名に泥を塗ることにつながった。その後数週間、海老蔵は芸能スキャンダルを伴ったある種のメディアサーカスと、彼の睨みがその攻撃を生き残ることができるのかという繰り返しの疑問に耐えなければならなかった。彼のキャリアはまだ完全には戻っていない。

歌舞伎は、風変りに、または不規則に演ずることを意味する。決してみんなではないけれども、その形式が日本のより厳格な能の伝統と比べて、息抜きだと考えるものもいる。首都の売春宿地区に移ってくる前は、すべて女性による劇として始まったそれは、かつては今よりもはるかに尊敬されていなかった。團十郎家の初代は1704年に舞台上でライヴァルによって殺された。日本文化研究者のドナルド・リッチーが言うように、今、その反抗的で粗野な起源は、長い間芸術的な伝統に漬けられている。歌舞伎座の再開だけが、新世代が若い観衆を戻ってこさせるのに十分なほど現代化する一方でこの伝統を保全することができるかを教えるだろう。
 

発行日: 
2013-02-16
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加