歴史の下に線を引く - ケニアと英国

旧宗主国はある種の謝罪をしている、しかし誰が本当に利益を得ているのか?

独立の歌が歌われ、古い杖が波打ち、英国のケニア代表が、1950年代の植民地支配に対するマウマウ団の乱の間にケニア人が虐待されたことについての遺憾の意を表すのに、堂々とスワヒリ語でいくつかの言葉を思い切って使った。英国が6月6日に植民地時代の虐待について注意深く調整された譲歩をした時、それらの言葉のどれもスワヒリ語での謝罪の言葉ではなかった。英国は、反乱の間に拘束された9万のケニア人の何人かへの虐待についての責任を公式には認めていない。提案された補償は、英国民が本国での似たような虐待から期待されるだろう支払いと比べて、穏やかだ。

5,000人以上のマウマウの退役兵たちは、その中の何人かはケニアの首都ナイロビに集まったのだが、公式発表では、それぞれが約4,000ドル受け取った。植民地の役人によって去勢された後に子供を持たなかった現在82歳のワムトウェ・ンガウは、そのカネは「大したことはない」が、謝罪は受け入れる価値がある、と語った。

英国は、裁判に持ち込んだ4人の年老いたケニア人は虐待の十分な証拠があると、ロンドンの高等法院が去年裁定した後で、解決することを選んだ。その議論に勝つために、一群の歴史家と英国の法律会社レイ・デイは10年かかった。和解は2,100万ドル相当で、法的費用は約900万ドルだった。

更なる請求の突風が今予想される。敵対する英国の法律会社は、和解の認識を拒絶しており、それが保証のために8,000人以上の退役兵に補償への案内を申し込んだと言うが、一方ケニアの組織は3,200人程度の請求者がいるという。ナイロビ・ロウ・マンスリーの表紙の見出しは、85単位で1ドルに相当するケニアシリングでの額であるけれども、「マウマウビリオンズへの戦い」を予言する。彼らはうまく行きそうもない。更なる支払いを勝ち取るためには、かなりの額とたくさんの詳細な証拠が必要だろう。

これは、英国の歴史的責任に線を引き、代わりに植民地後のケニアで自由の闘士たちが受け取った待遇にスポットライトが戻るかもしれない。彼らは土地の分け前を巡って中央の森林で戦っていた。何かを受け取ったものはほとんどいない。ほとんどの白人農民が去った時、多くの再興の不動産は、最後には、その息子のウフルが最近大統領に選ばれた、独立後の最初の大統領ジョモ・ケニヤッタの政府の中の人々によって所有されている。退役兵の一人が言うように、「英国は土地を持ってUKに帰ったわけではなかった。」のだ。
 

発行日: 
2013-06-15
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加