歴史的な髪 - ケニア

マウマウの女性退役兵は新たな秩序を嘆く

ムソーニ・ワ・キリマが1963年のケニアの独立を学んだ時、彼女は依然として森の中で生活していた。彼女は、その10年前の英国植民地当局に対するマウマウ団の乱が始まってから、そこにいたのだ。誰も彼女や少数の彼女のみすぼらしい仲間たちに、その戦いが終わったと教えなかった。ほとんどのマウマウ反乱軍は1956年までに無残に鎮圧された。しかし、中核派は戦い続けた。

マウマウの元帥の地位を与えられたたった一人の女性と言われる彼女は、ケニアの独立後初代の指導者のジョモ・ケニヤッタに会うために招待された。最初、彼は彼女がその期間中ずっと森の中にいたと言ったのを冗談だと思った。しかし、彼女は隠れていた間伸ばしっぱなしにしていたドレッドロックを解くことによって、彼を説得した。

いま83歳で、マウマウ団を構成したキクユ族の中心地の中央ケニアの穏やかな家屋敷で生活している彼女は、依然として独立の利益を待っている。彼女がそれを受け取るまで、彼女は根元の所で白を示し床に触れるところでは黒い彼女の編んだ髪を切り落とすことを拒絶する。彼女はそれを「ケニアの歴史」と呼ぶ。彼女は砲火によって打ちつけられ傷ついたが、植民地国防市民軍には捕まらなかった。マウマウは打ち負かされたが、彼らの運動は英国がそのアフリカの植民地から交代する始まりを記録した。

多くの彼女の仲間の退役兵のように、彼女は独立以来土地がなく貧しいままだ。それ以来政府は植民地政府より大きく公平だったわけではない、と彼女は語る。「ケニアには正義がない。」今ケニアの大統領に選ばれたジョモの息子のウフルについてどう考えるかを聞かれて、彼女は適切に謎めいたキクユの答えをする。「子宮から、戦士、王、豊の男、犯罪者、そして殺し屋がやってくる。」
 

発行日: 
2013-04-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加