ケニヤッタが責任者に戻る - ケニアの大統領選挙

その国でもっとも豊かで最大の民族集団キクユに率いられた連立は、ケニアの初代大統領の息子に権力をもたらしているが、法廷は彼に挑戦するかもしれない

1回目の勝者に投票の50%以上を要求する閾値をぎりぎり通過して、ウフル・ケニヤッタはケニアの次の大統領になる。1,230万票のなかで、彼は必要なものよりもたった8,000だけ多く得た。しかし、その競争はまだ完全に終わったわけではない。ケニヤッタ氏の主たる反対派の首相のライラ・オディンガは、43%を得て、「はびこる違法性」について不平を言う。最高裁は、ケニヤッタ氏が3月26日に就任できるか、またはその選挙が再び行われるか2回目の投票に行くかを決める。

今のところ壊れやすい平和が保たれている。オディンガ氏は共同体間暴力を引き起こすのを恐れて支持者たちに公にデモをしないよう言った。ひどく紛糾した2007年の終わりの前回選挙の後の2008年初めの暴動は、少なくとも1,300人の死者を残した。誰も報復を望んではいない。

裁判所は今、まずは、なぜ集計が予想よりも長くかかったかを調査している。その結果はまるまる5日間宣言されなかった。その理由は、オディンガ氏の友人が言うよりも罪がないかもしれない。ハイテク投票制度は乱雑な失敗だった。生体有権者認証キットは、学校の投票所に電源がなかったので、役に立たないとわかった。供給されたところでは、予備電源は、投票日の半ばで切れ、職員は神の登録を読み取らなければならなかった。さらに、すべての291の選挙区からの予備的な結果を供給する予定だった投票勘定の電気システムは、1時間もせずに壊れた。単純なデータベースエラーのせいだと後からわかった。そのシステムが壊れた後に、多くの選挙役人がヘリコプターで首都のナイロビに向かい、手で数えた。

その混乱は避けられるべきものだった。独立選挙境界委員会(IEBC)は、その線巨を運営するために、部分的には西側から得た、2.26億ドルまたは有権者当たり16ドルの、大きな予算を持っていた。アメリカでは、有権者当たりの費用は1ドル以下だ。ウガンダは4ドルを費やす。ガーナは70セントだ。

その委員会とケニアの信用のために言うと、選挙とその余波は、オディンガ氏が不平を言い始めた後ですら、広く平和的だった。ほとんどの西側外交官は、委員会のエラーを「陰謀ではなく作られたもの」のせいにする。しかしながら、大使の中には、彼らが資金を出した組織を批判したがらないことを批判されているものもある。ケニアの普通攻撃的なメディアは、民族的情熱を掻き立てるかもしれない報道を避けることにその所有者たちが合意した後に、怠惰だった。分析の代わりに、テレビ局は平和を促す事前録画のメッセージを放送した。

オディンガ氏の選挙同盟のCORDとして知られる改革と民主のための連合と一握りの市民社会活動家は、その選挙委員会の合計がくるっているようだと不平を言っている。監視人は、どちらの投票も同時に行われたが、1,230万の投票が大統領に投じられた一方で、1,060万票だけしか47人の知事に記録されていなかったことを見つけた。

活動家はまた、選挙役人が勘定センターからの監視人を1日集計に追い立てたことを指摘する。その委員会は、党機関が集計を妨げたといった。しかし、人権を監視するアメリカの組織のカーターセンターからの代表を含んだ独立の投票監視人も、追い出された。ケニアの全国人権委員会の元委員長マイナ・キアイは、投票を刺激することから注意をそらしたかもしれない「どんな対価を払ってでも得る平和」議事日程と彼が呼ぶものを批判した。IEBCはとても大きくそれに失敗したので、それは作られたものではなかった。」彼は主張した。

いずれにしても、多くのケニア人は最高裁がその問題を公平に裁定するだろうと信じる。裁判長のウィリー・ムトゥンガは自分の意思を持った男だとみられている。5人の他の裁判官のパネルと一緒に、彼はケニア人が再投票する必要があるかどうか決める。

たとえ彼らがそうしたとしても、同じ結果になりそうだ。オディンガ氏の支持者はたぶん資金不足になっている一方で、ケニヤッタ氏のジュビリー同盟は深いポケットを持っている。投票の分析は、主にキクユとカレンジンの両部族からなっているケニヤッタ氏の民族連合は、雑多な反対派よりも数が多い。ケニア人が部族への忠誠に関わりなく政策と人格の基礎で投票することを望む理想主義者は失望した。部族を越えて訴えようとした二人の価値のある候補者ピーター・ケネスとマーサ・カルアは1%に満たない票しか得られなかった。

ケニヤッタ氏はすでに、ナイロビの最高裁を通り越して、前回の選挙の後の暴力とのかかわりで審理に直面しているハーグの国際刑事裁判所(ICC)を見ている。彼が訴追を逃れる可能性は、投票日以来改善している。最初に、ICCは審理を7月9日まで延期するという彼の弁護団の要求に合わせた。それから、共同告訴されている元公務員トップのフランシス・ムサウラへの告発が、その告訴の鍵となる承認の引き揚げの後、取り下げられた。ICCの主任検事ファトゥ・ベンスダは、数人の承認が無くなったか、今では証言することを「あまりに怖れている」と不平を言う。ケニヤッタ氏に対する訴訟は続くだろう、と彼女は語る。それは二つの部分からなる。彼は、反対派支持者への警察による攻撃を奨励し、ひどい報復に責任があるギャングと協力したことで告訴されているのだ。公務員トップが解放されたことで、一つ目の罪はこだわるのが難しくなったように見える。ケニヤッタ氏はすべての罪を否定している。彼の友人たちは、ますます彼が放免されることに自信を持っている。2009年からアメリカのアフリカ責任者を務めるジェンダイ・フレーザーは、「彼に対する訴訟は崩壊に近づいている」といった時に、多くの観察者が考えていたことを要約した。

同じ選挙の後でカレンジンを掻き立てたと言われる彼の副大統領候補のウィリアム・ルトを捕まえる方が、その告訴はより望みがあるように聞こえる。彼に対する訴訟は5月に開かれることが今予想されている。

選挙後の平和は今のところ保たれているが、ケニアの部族政治は曲がりくねって移ろいやすい仕事のままだ。ケニヤッタ氏がすべてのケニア人をまとめられるかどうかはまだわからないままだ。
 

発行日: 
2013-03-16
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加