茶色と金色のブレンド - コピ・ルアク

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

世界で最も高いコーヒーの真贋を試す方法

世界でもっとも高価なコーヒーはくそだ。それは意見ではなく、事実だ。コピ・ルアクを作るためには、もちろん高品質の豆を作ることから始めなければならない。しかし、それからそれらをパームシヴェットに食べさせ、それらがその動物の消化器官を通り抜け(通るときにその多肉質な外側を消化させ)るのを待ち、それらが反対側から出てくるときに集める準備ができるのを待たなければならない。その結果、きれいにされ、発酵され、乾燥され、炙られ、挽かれ、淹れられると、カップあたり80ドルもの値段で売られる。この明らかにばかげた値段の理由は、シヴェットの胃の中でそれらが経験した化学反応のその豆の風味への途方もない影響だ。

その価格を考えると、たくさんのまがい物や不純なコピ・ルアクが、本物と同じように売られている。そして今まで、それを検知するための信頼できる方法はなかった。購入者は、騙されている風味から考えるかもしれないが、それを証明することはできない。

日本の大阪大学の福崎英一郎は、それを変える計画を持っている。農業食料化学誌で描くように、彼と日本とインドネシアの彼の同僚は、コーヒーの中のシヴェットの要素を信頼して検知することができると彼らが信じる、化学試験を開発している。

福崎博士の探求は、バリ、ジャワ、スマトラのプランテーションからの未消化のコーヒー豆と同様に、たくさんのシヴェットの糞を、すべて205℃で炙り、挽いたものから始まった。けれども、この時点で濾過機に放り込む代わりに、コーヒーに風味を与える種の化学物質を抽出するために、彼はそれに蒸留水、メタノール、そしてクロロホルムを混ぜた。彼はそれから、それらの抽出物の中に何が入っているか見るために、ガスクロマトグラフと質量分析器にかけた。

コピ・ルアクの重要な特典は、4つの物質だと判明した。クエン酸、リンゴ酸、ピログルタミン酸、そしてイノシトールだ。本物は、シヴェットの試練を経験していない似たような豆よりも最初の二つを多く持っており、最後の二つのものの割合も確実に異なっていた。さらに、その違いは、たとえ半々のブレンドでも見つけることができるほど大きく、それに見せかけているものと同様に不純なものですらも、検知することを可能にしている。

それより低い水準の不純物が見つけられるかどうかはまだわからないままだ。しかし、福崎博士の方法は、広く採用されれば、不正のコピ・ルアク市場の最悪の超過を確かに一掃するだろう。一方、それは偽造者がその製品を研究室の化学物質で調整しようとすることを思いつかせるかもしれない。そして、もしそれが本物と同じ風味をもたらす結果になれば、それはシヴェットをその煩わしい仕事から救い、コピ・ルアクの飲用習慣を普通の人に開放するだろう。
 

発行日: 
2013-08-31
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメントを追加