オンライン語学者 - 語学教育企業

技術が語学教育を変え始めている

記者のひどい中国語をただす先生は、物腰柔らかな、信ずべき、そして遠く離れたところにいる人だ。スカイプのおかげで、椅子から動くことなく多かれ少なかれどんな言語のネイティヴ話者とも面と向かっての授業が受けられる。技術はいつか語学学習を余計なものにするかもしれず、一方簡単にもする。

語学教育会社はゆっくりと技術を取り入れている。ベルリッツが最大のものだ。1878年に設立されたその方法は単純だ。生徒の母語を一言も発することのない先生の素で、4,5人を超えることのない生徒を教えることだ。ベルリッツはまた、学習者を特別な必要に合わせてグループ化する。例えば観光客やエネルギーの重役だ。

その会社は少しデジタルには怠け者だ。ほとんどのそのスマートフォンアプリは、その古い本の再利用版だ。(ベルリッツはその出版事業を売却した。)そのウェブ講座は教室の補完には有益だが、幾分優雅さを欠く。その会社は、ずっとその強さだったものに焦点を当てている。個人教育だ。ベルリッツはどれだけの利益を出しているか言わない。10年前、それは日本の教育会社ベネッセに飲み込まれ、その結果はもはや別々には発表されていないのだ。いずれにしても、それは飢えている。ベルリッツは2018年までにかなりを買収によってその大きさを3倍にしたいと思っている、と上級副社長のマルセロ・ローマンは語る。

アメリカの技術会社、ロゼッタ・ストーンは、対照的な、対人教育に補完的な技術を提供し、その逆ではない。そのソフトウェアは、徐々に、そして直感的に語彙と文法技術を打ち立てる写真や例を選んで、伝統的な演習を控える賢明なインターフェースを持っている。

そのソフトの初期の版は、中国語とイタリア語を教えることがあたかも同一であるかのような、ほとんどまったく同じ写真をまったく同じ順番で使った。それは安かったが、貧弱な教育法だった。だから、2006年から2009年まで、その会社は研究開発支出を3倍以上にし、それぞれの言語にカスタマイズし、文化的社会的特徴を提供し付け加えた。よくできたタブレットとスマートフォンアプリにより学生はどこでも勉強できる。

ロゼッタ・ストーンは今、顧客に、小さなグループでの母語話者とのオンラインヴィデオ指導に無制限でアクセスできるようにしている。これはその企業にとって費用がかかり、持続不可能かもしれないが、そのコースが箱モノの語学学校とかなり匹敵することを意味する。

ロゼッタ・ストーンは、成長とよい利益の年月の後で、2009年に上場した。利益はすぐに損失に変わった。2011年に2.68億ドルの売上に対して2,000万ドルの損失だった。最高財務責任者のスティーヴ・スワッドが1年後に社長になった。11月にその会社は更なる四半期損失を計上した。しかし、それは今年の総損失が去年の約半分になると予想している。

ベルリッツはその語学教育収入の75%を英語で稼いでいる。(ピアソンの所有するグローバル・イングリッシュのような)ほかの会社は、それだけに集中している。ロゼッタ・ストーンは、英語で利用できるその標準ソフトを持っており、アジアの顧客をすでに知っている英語により心地よくさせることを狙ったリフレックスと呼ばれる単体の製品にも賭けている。しかし、気難しいアジアの顧客の間にブランドを打ち立てるのは予想したよりも難しい。

ロゼッタ・ストーンの2つ目の計画は、顧客をCD-ROMの箱を買うことから動かすことだ。販売とマーケティングにその会社は収入の約60%をかけている。空港やショッピングモールの黄色いキオスクは安くはない。スワッド氏はキオスクを減らし、加入者に代わりにオンラインに行かせようとせがんでいる。これは、ロゼッタ・ストーンをベルリッツの領域に近づけ、製品ではなくサーヴィスを売っている。

政府、会社、そして大学に売るのはすでにロゼッタ・ストーンの事業モデルの中にある。ここでは、収入の大部分は、一度限りの売上ではなく、講読からきている。アメリカの陸海軍との契約が去年切れた後で、その組織向け事業は衰えた。しかし、スワッド氏は復活にかけており、その会社は幸せな組織顧客を勧誘している。ロンドン市警察は、教室授業とともにそのソフトを試した。その警察は、例えば、トルコ語話者の容疑者の神経質な家族の緊張を和らげることができてよかったと報告する。より多くのアメリカの大学が国際的カリキュラムを開発しているが、ほとんど外国語を要求していない(2001年に53%だったものが37%に下がった)。外部者は差を埋めたいと思っている。

ついに、ロゼッタ・ストーンは、子供たちへのソフトを提供することにより、出しゃばりな親の財布を狙うようになるだろう。これは見通しがある。子供たちは文法や語彙の演習の骨折り仕事を嫌う。もし何か彼らを話すことができるようにさせるものがあるのならば、それは小型爆弾のような技術だろう。
 

発行日: 
2013-01-05
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加