ゴム男爵 - 東南アジアでの伐採

森林破壊は続く

カンボジアの北の遠隔地の7号線沿いに、「鉄のバッファロー」と呼ばれる何十もの小さなトラクターが、高速道路の荒廃したところを往復している。暗闇に覆われて、彼らは切られたばかりの木材を近くの材木工場に運ぶ。運転手はマスクをし、彼らのトラクターは前面のたった一つの薄暗いランプをつけている。それぞれは、地元の人が言うにはヴェトナム・ゴム・グループ(VRG)によって所有されるドン・ナイ・ゴムプランテーションの中かそばで切り倒されたという、3-6本の材木を運ぶ。違法伐採と土地強奪は、長い間カンボジアで問題になっている。ロンドンの環境監視団体グローバル・ウィットネスによって「ゴム男爵」名づけられた新しい報告は、その問題を再び強調している。3,000ヘクタールの森林が違法に切り払われた時、中国での家具と西洋のギターで多く需要されているローズウッドのような高級材が選り抜かれたと主張するその報告の中で、ドン・ナイが芽だって主役を演じる。

グローバル・ウィットネスは、カンボジアやラオスの政府が、多くが不透明な状況下で、巨大な土地免許を渡した2000年以来、現地と外国の会社がそれらの国々で370万ヘクタール以上の土地を大量に集めている。この2/5は、世界で3番目に大きなゴム生産業者のヴェトナムの国有会社が支配的な、ゴムプランテーションのためだった。

その報告は、VRGと別のヴェトナムの会社HAGLが最大の土地強奪者の中に入り、カンボジアとラオスの両国で違法伐採している、と主張する。それは、ヴェトナムのファンドを通して、その二つの会社はドイツ銀行から資金を受け取っており、一方HAGLはまた、世界銀行の民間部門であるIFCから投資を受けている。その二つのヴェトナムの会社は、いかなる誤った行動も否定している。ドイツ銀行とIFCは、彼らがその所見について研究しているという。

その報告は、その二つの会社が、現地共同体と相談したり、以前使っていた土地に対する補償を支払ったりしていないという。その会社たちはプランテーションを守るために繰り返し武装治安部隊を使っている。保護された無傷の森林だと想定されていた広大な地域が、森林保護法に違反して、そして「明らかにカンボジアの腐敗したエリートと共謀して」切り払われている。

グローバル・ウィットネスは、カンボジアとラオスの当局に、20万ヘクタールを覆い、補助金ネットワークを通して持たれている、その二つの会社の土地免許を無効にするよう促している。それは、両社が訴追されるべきだと考えている。

5人の父親である23歳のクット・マウは、ドン・ナイのヴェトナムの運営者に対する彼の不平が、カンボジアの首相フン・センが継続中の紛争を解決するための試みの一部である若いヴォランティアの特別部隊の訪問によって刺激されたと語る。

7月終わりに予定される選挙があるので、去年フン・セン氏は、更なる土地免許を与えることへの猶予を発表し、いくらかの土地を現地民に変えそうと試み、そして何千ものそのようなヴォランティアを展開した。18年間の共産主義を含んだ30年間の戦いと、立ち退かされた人々は、カンボジアでの土地名義を単に名残にしている。

クット・マウ氏は、再返還計画の下で、2ヘクタールを贈られたという。「それは幸運だった。」彼は言う。「何百もの家族が何も得ずに残された。」小さな町オ・プレアスから20キロのドン・ナイの境界線内に住む村人は、ほとんどその話を確認しなかった。ある掘立小屋の群では、3家族が違法に農業をしていると認めた。

7人の母親である27歳のイエム・ソミアンはその一人だ。彼女は、その家族が水、農産物、放牧のために必要な共有地の利用権を失い、今ではただ彼らが気づかれていないことを望んでいるだけだという。「もしとどまることを許されていないのならば、私は死ぬ。」彼女は言う。「ほかにどうやったら家族を養うことができるのだ?」

クット・マウ氏は、彼の2ヘクタールの所有権を確認する政府の手紙を待っているというが、選挙までにそれを受け取ることは期待していない。フン・セン氏は、村人の間での土地割り当ては、再選されなければ終わらないと警告する。クット・マウ氏は、もし手紙を受け取らなかったら、彼は自分で鉄のバッファローを買わなければならないかもしれないという。
 

発行日: 
2013-05-18
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加