平らな電池 - 低排出車

電気自動車は未来の環境車両になるレースで失速している。それは悲劇ではない

5月は電気自動車にとって最も陽気な月ではない。5月1日に、アメリカの電池駆動自動車メーカーコーダは破産を宣言した。26日には、交換可能電池を積んだ車のより派手な促進者のベター・プレースがイスラエルで清算を申請した。一部に税金が使われているアメリカの電気自動車メーカーのフィスカーは、崩壊の危機に瀕し、その(同じく国の資金を得た)電池メーカーのA123が去年つぶれて以来まったく車を作っていない。フィアット=クライスラーの社長は、その月の間に、それが500eの電気自動車を1台売るたびに1万ドルの損失を出すという。その車はガソリン車の倍の価格の3.2万ドルするが、カリフォルニアが車メーカーに「ゼロ排出車」の売上に割り当てを課しているので、フィアットはそれらを売ろうとしなければならない。

そのニュースはすべて悪いものではない。カリフォルニアの電池駆動スポーツカーメーカーのテスラは最近その最初の四半期利益を宣言し、4.52億ドルの政府融資を早期返済した。しかし、全体として、電池だけで駆動するものにしろガソリンエンジンをバックアップとして使うハイブリッドにしろ、電気自動車は失敗作だ。それらは、国家補助金があっても高価で、電池だけで駆動するものは移動範囲が限られている。

この失敗は問題なのだろうか?それほどではない。ベター・プレースが失敗した主要な理由は、悪い管理のようだ。2009年に、それは2016年までに交換可能な電池を積んだ10万台の電気自動車をルノーに売る契約を結んだ。それはたった1,300台しか売らなかった。それはほかの自動車メーカーに交換可能な電池を積んだ車を作らせるのに失敗し、その契約者の選択を制限した。別の障壁は、幾分かは製造業者が排出標準に合わせる必要があるということに動かされて、すべての車が環境にやさしくなっていることだ。より長期的には、レースは、石油やディーゼルエンジンが新しくきれいになるようにする低費用で低酸素な「バイオ燃料」を作り出そうとする科学者と、電池をより軽く安くそして信頼性を高くしようとする科学者との間で行われる。オッズは、完全な電気自動車が、そのゆっくりとしたスタートにもかかわらず、将来のよりきれいな交通の一部になるだろうというものだ。それらはただ完全な答えにはならない。
 

我々は『スター・トレック』も見た

この不確実性を考えると、政治家にとって賢いことは、全体の排出目標を定め、リスクを事業家たちに残すことだろう。ヨーロッパであれ、アメリカであれ、日本であれ、より最近には中国であれ、これが試されるところはどこでも車メーカーは不平を言う。しかし、彼らは、最も目立つことには100歳になる内燃エンジンからより多くの効率性を絞り出すことによって、反応している。

悲しいことに、政治家は電気自動車をより環境にやさしい将来への手段としてではなく、それ自身を目標として見ている。バラク・オバマは依然として2015年までにそれを100万台アメリカの道路に置くということをぺちゃくちゃ話している(今のところたった5%しかそこにはない)。今週、アンゲラ・メルケルは2020年までにドイツの道路にそのような車を100万台置くという彼女の計画を再スタートした(去年たった3,000台しか売れなかった)。議会からの砲火にさらされて、オバマ氏は電気自動車と電池のメーカーへの貸出を止めているが、彼は依然として電気自動車への最大の連邦信用枠を7,500ドルから1万ドルに増やしたいと思っている。そして、中国政府は車一台につき6万元までの古い補助金計画を生き返らせることを計画している。

そのような補助金はほとんど意味をなさない。もし政府が排出削減したいのならば、例えば家を断熱しようとする人々に支払った方がよいだろう。ベター・プレースはその短く高価な生涯でほとんど何も成し遂げていない。しかし、もし(GEやHSBCを含んだ)そのような重量級の支持者を持っているにもかかわらずそれが失敗したことが、政府が勝者を選び出すことの愚かさを説得するのならば、その死は無駄ではないだろう。
 

発行日: 
2013-06-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加