彼らはただ諦めない - マダガスカルの選挙

古い衛兵はその国の政治的見通しを破滅させることを決めたようだ

それはすべてとても望みがあるように見えた。2009年初めのクーデター以来4年間の政治的忘却の後で、マダガスカルの大統領選挙への日付がついに決められた。7月24日だ。国連がそれを裏書きした。欧州連合は資金を提供している。そして、南部アフリカ開発共同体(SADC)は、クーデターで追い出されたマーク・ラヴァルマナナも、クーデターを起こしたアンドリー・ラジョエリナも出馬しないだろう協定を仲介した。しかし、それから、追い出された大統領の妻ララオ・ラヴァルマナナが、彼の色で出馬するのを決めることで、ぶち壊しにした。

ラジョエリナ氏は、彼が結局出馬するだろうということを宣言して、仕返しした。SADCと政府の塊は怒り狂った。ラヴァルマナナ女史は、その宣言の前に必要とされる6か月間マダガスカルに住んでいなかったので、いずれにしても多くによって出馬資格がないと考えられていた。ラジョエリナ氏は登録の締め切りに間に合わなかった。SADCはまた、同じくその居住資格が調査されている元大統領のディディエ・ラツィラカの候補資格にも、疑念を呈している。にもかかわらず、特別選挙法廷は3人みんなを承認したが、SADCはすぐにわがままな3人組に引き揚げるよう要求した。EU、国連、そしてアフリカ連合も後に続き、結果を認めず選挙支援を引き上げると脅した。

ラヴァルマナナ女史とラジョエリナ、ラツィラカ両氏は、それぞれの立場に立ち続けており、その国を危機に突っ込んでいる。7月24日の投票は、今ありそうもないように見える。6月6日に、内閣は一方的にその選挙を8月23日に円巨した。1週間後、憲法裁判所は、そのような決定を行うのは執行部ではなく選挙委員会次第だとの裁定を下した。その委員会は、今その選択肢を考えている。南アフリカはマダガスカルの900万の投票用紙の印刷をするというその提案を取り下げ、地元のマラガスカル人の印刷業者はそれができるようになるのに数か月必要だろう。

しかし、その委員会は、選挙をできるだけ早く行うようにとのたくさんの圧力にさらされている。軍は忍耐を失っているかもしれず、41の大統領候補者の多くもそうだ。その中には、もし投票がすぐにでも軌道に戻らなければ政府をひっくり返すと脅すものもいる。
 

発行日: 
2013-06-22
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加