課税、そして再び課税 - マリファナ立法

娯楽用マリファナのアメリカで最初の市場は自由からほど遠いだろう

ハッパ解禁運動家は、マリファナの「合法化」ではなく、それに「課税し規制する」ことについて話す。彼らの言葉に忠実に、55%の支持を勝ち取った去年の11月のコロラドの有権者の前に置かれた投票は、マリファナをアルコールのように規制する法と呼ばれ、15%の物品税の条項を含んだ。今、その法がまとまっているので、その標識は、世界最初の合法マリファナ市場の一つ(ワシントン州もまたその立法を支持した)は、誰もが望むことができただろうすべての税と規制を持つ。

コロラドの法が可決されたすぐ後に、その知事のジョン・ヒッケンルーパーは、その実行のための提案のセットを作り出すためのタスクフォースを任命した。その24人のメンバーのグループは2月28日にその聴取をまとめ、来週立法者にその発見を公式に発行するだろう。法案は5月初めまでに可決されてしかるべきだ。

その共同議長のジャック・フィンロウが「狂った数か月」と呼んだものの中で、そのタスクフォースは何十もの問題をさっとやってのけた。その考えの多くは、十分にまっすぐだ。ラべリングのルール、広告の制限、そして若者保護の条項だ。現地の人よりも少量だが、非居住者はマリファナを買うことを許されるべきだ。立法化賛成のロビイストジョー・メグイェシーは、その提案を「思慮に富み責任のある」ものだと呼ぶ。しかし、それらはアルコールよりもはるかに制限的な市場ということになる。

最も重要なことに、そのグループは、3年間、コロラドの医療用マリファナ産業を統治している「垂直統合」モデルを維持したいと思っている。この制度の下で、小売業者は彼らの売る麻薬のうち少なくとも70%を育てなければならない。これは、免許保有者に栽培から流通まで一式の技能を覚えることを強いる。そのタスクフォースはまた、その法の最初の年の間、既存の医療用マリファナ薬局だけが小売り免許を与えられるべきだとも提案する。運動家の中には、いやいやながら薬局が彼らの開拓的(で危険)な仕事が報われるのに値することを認めるけれども、保護主義についてぶつぶつ不平を言うものもいる。

フィンロウ氏は、垂直統合が物品税を適用するのを難しくするということを認める。免許保有者はその製品を過小評価する動機づけを持つだろう。それは別の提案を説明する役に立つかもしれない。既存の州と地方の売上税と提案された物品税の上にマリファナ売上の税を置くことだ。その法への数字は提示されていないが、25%の「例」が聴取で浮かんだ。

規制者は、彼らがそのルールを施行するために基金が必要だという。しかし、税金をあまりに高く設定すると、違法の市場をそこに残し、合法化を一番に置いた最初の目的の一つを壊す、と運動家は恐れる。いずれにしても、たぶん11月に、どんな新しい税も再びコロラドの有権者に承認されなければならないだろう。

行き過ぎた規制は、産業と規制者との間の心地よい関係の機会を作り出す。しかし、コロラドの立法者は、連邦政府に見られているので、バランスをとる行動をとらなければならない。マリファナは連邦法の下では違法のままで、バラク・オバマの政権が、いくつかの医療用マリファナを認めた州でしているように、厳しく取り締まることを決めれば、そのタスクフォースの仕事はすぐに台無しになるだろう。12月に司法長官のエリック・ホルダーは、司法省がコロラドとワシントンでの投票への反応を「比較的すぐに」出すだろうといった。2月26日に、彼はその予報を「すぐに」に格上げした。

その禁止産業のメンバーの中には忍耐にかけているものもいる。3月5日に、国連機関の国際麻薬統制委員会の委員長は、アメリカでのマリファナ合法化が国際条約違反で、公共衛生を脅かすといった。数時間後、何十年にもわたってアメリカの対麻薬戦争を率いてきた麻薬取締局の8人の元長官が、連邦法が施行されていないという警告を表した。一人は、麻薬を吸った運転手は、道路を「不幸でいっぱいにする」だろうと予言した。

少なくとも今のところは、コロラドでより冷静な頭が広がっている。タスクフォースがその作業をまとめた時、合法化に懐疑的なヒッケンルーパー氏はメンバーに、彼は見たことのない修正64条の帰結を恐れているが、実用主義の必要を認める、と語った。運が良ければ、彼の姿勢は伝染性だとわかるかもしれない。
 

発行日: 
2013-03-09
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加