市長と富

町の指導者たちはますます事業手法を採用し事業を促進している

ニューヨーク市長は、することほぼすべてに事業への尊敬を払う。彼の執務室は取引場の「ブルペン」をモデルにしている。彼の行政は(例えば24時間の公的電話相談を供給すると言った)町のサーヴィスから長期的計画まで、すべてを改善するために事業手法を使う。彼は、ニューヨークを会社として、市の職員を人材として、そして市民を顧客として見ており、だいたいニューヨーカーはそのために彼が好きだ。

マイケル・ブルームバーグは人気のある市長であるのと同様に、成功した事業家だ。しかし彼だけが、町のCEOとして自身を見なしているわけでは決してない。ますます多くの市長が、その仕事を、事業友好的な環境を促進し、その町を世界に売ることだとみている。ヒューストンの市長アニース・パーカーは、会社に「コンシェルジェ・サーヴィス」を提供していることについて自慢する。サンフランシスコ市長エド・リーは伝統的な商工会議所の補完として、技術商工会議所を作っている。ポートランド市長サム・アダムスは、その町の輸出を倍にする計画を持っている。ロサンゼルスの元市長アントニオ・ヴィーライゴーサは、彼の任期中の最大の後悔は、彼がその町をラテンアメリカやアジアに促進するのにより多くの時間を費やさなかったことだという。

なぜ市長たちは最近事業にそのような目立った役割を果たしているのか?新著『The Metropolitan Revolution:大都市革命』の中で、ブルース・カッツとジェニファー・ブラッドレーは、共和党と民主党が思想的な死闘でますます麻痺するワシントンD.C.が、市長たちに実際的な問題を解決する一歩を踏み出させるよう強いている、と説明する。ブルームバーグ氏は、町が「経済的問題にかなり自分自身で取り組む」よう強いられ「現地で選ばれた高官たちは議論ではなく行動する責任がある。論ずるのではなく革新だ。派閥主義ではなく実際主義だ。」

ワシントンが内破しているにつれ、市長たちは確かにアメリカで重要な役割を想定されている。しかし、大都市の革命は、地球規模だ。いま世界の市長たちは、都市の目論見書を発行し、事業家たちを集めるために飛び去るのに時間を費やしている。コラムニストは最近、テル・アヴィヴ市長のロン・フルダイがサンクトペテルブルグでとりわけ彼の町の病院の美徳を促進するのに出くわした。中国では、市長たちは、事業を求め、現地経済を促進する以外に、ほとんどやることがない。他の地方政治家のように、本当の市長は、広報部隊を雇い、地元の事業成長への貢献を増強するが、ますます誇大宣伝の裏の実体がある。

都市は、世界経済の運命にとってより重要になっている。そこに住んでいる世界人口の割合は、1800年に3%、1900年に14%だったものが、今では50%以上になっている。それは2050年には75%に達しうる。発展途上世界では、100万人以上が5日ごとに年に引っ越している。都市はいつも成長に不釣り合いな貢献をする。シンクタンクのニュー・アメリカ財団のパラグ・カンナは、40の都市地域が世界の経済産出の2/3を生み出し、革新ではさらに高い割合を生み出していると計算する。フィラデルフィア連銀のジェラルド・カーリーノは、都市の人口密度が高くなれば、より発明的になる、と注目する。一人あたりの特許数は、平方キロ当たりで雇われている人の数が倍になるたびに、平均20-30%上がる。この特大の貢献は、経済がより知識に基づくようになるにつれ、確かに増えるだろう。

事業もまた、郊外や町の外の産業団地に長くほうり投げられた後で、都市の魅力を再発見している。ツイッターは、それがインターネットの巨人に成長した後ですらも、サンフランシスコにとどまることを選んでいる。グーグルは、安い郊外よりもむしろ、ロンドンのキングス・クロスとマンハッタンのチェルシー・マーケットに事務所を開設することを選んでいる。オンラインの靴屋のザッポスは、その2,000人の労働者をラス・ヴェガスの郊外から、下町として通っているところのその町の古い市役所に引っ越している。

これは、事業が自分の思う通りの指図ができるという信任の増加を示唆する。市長はもはや、彼らが「地方社会主義」の時代にできたやり方で職を供給するために自身の支払いを拡大することに頼ることはできない。そして、事業は、都市から最高の取引を得るために、退出の力を使うことができる。リー氏はツイッターに、それが町にとどまるよう説得するために、気前の良い税控除を提供した。マッキンゼーのようなコンサルタント会社やエコノミスト・インテリジェンス・ユニットのような組織は、彼らが選択をするのを助けるために最も事業友好的な都市のランキングを作っている。
 

破滅への自転車道

その新たな流行にはたくさんの問題がある。事業を満たすための市長間の競争は、高価になりうる。中国の珠海デルタ地域はいま、5つを越える国際空港があり、航空管制の大混乱を引き起こしている。市長たちは流行の奴隷になりうる。最近は、ほとんどみんなが「知識労働者」を惹きつけるための努力として、ロフトの邸宅と自転車道を建設しているようだ。20世紀後半に会社に都市を放棄させた高い費用、犯罪、混雑などの問題が消えた、と想像するのもまた、間違いだろう。有権者が、旧式の事業叩きのポピュリストのために親事業の市長を放り出すのを止めるものは何もない。都市保護団体は、オキュパイ運動がニューヨークでし、サンパウロやリオ・デ・ジャネイロのデモ参加者がリスクを取ってしたように、事業地区で困惑させることができる。

しかし、新たな傾向は、にもかかわらず、歓迎だ。会社は、死んでしまったり危険にさらされていた都市部に生命を取り戻している。そして市政府は、効率性と顧客集中の名の下で、その最悪の習慣のいくつかを放棄している。1892年に、イングランドのバーミンガムの退職した市長だったジョセフ・チェンバレンは、都市の政府を「すべての市民が株主で、配当は改善した健康や共同体の快適さや幸福の増加で受け取ることができる、合資か協同組合の事業体」になぞらえた。それは、現在のもっともよく経営される都市で起こっていることへの、かなり良い前向きの描写だ。
 

発行日: 
2013-07-13
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加