デヴィッド・ブレントを褒め称えて - 中間管理職

中間管理職は人々が考えるほど役に立たないわけではない

英国のテレビ番組の「アンダーカヴァー・ボス」の中で、会社の社が偽装して自分の会社の店頭で仕事をする。クライマックスは、彼が同僚に自分の本当の身分を明かすところだ。彼が驚くには、フロアの作業員は彼が誰かということについてしばしば何の手がかりも持たない。

社長礼賛は馬鹿げた割合に達した。ビジネス雑誌は彼らの事故満足した顔を見掛け倒しの表紙に派手に貼り、何千もの他の人たちが寄与した成功の手柄を全て彼に与える。しかし、MITの経済学者のアントワネット・ショワーの最近の研究によると、トップにある人はフォーチュン500の会社の業績のわずか5%を占めるに過ぎないと言うことだ。

自分の宣伝力を信じているボスもいる。エコノミスト・インテリジェンス・ユニットによる調査では、多くが自分たちの言葉や行動が雇用者を動機付ける鍵だと確信しているという。しかし、同じ調査を労働者に彼らがどう思うか聞いた時、多くが影響力を持つラインマネージャーとの関係だといった。マネジメントに関する作家のマーカス・バッキンガムがかつて皮肉ったように、「人々は会社に加わるが、マネージャーを置いていく。」のだ。

しかし、中間管理職は流行遅れどころではない。会社は彼らをトラックごとクビにする。「オフィス」のようなホームコメディは彼らを馬鹿にする。「たくさんのことについて少しずつ」知っているゼネラルマネジャーの時代は完全に終わった、とロンドンビジネススクールのリンダ・グレイトンは新著の「シフト」の中で主張する。知識労働者はしばしば同じプロジェクトで働いている同僚からフィードバックを受け取る、と彼女は観察する。お互いの成果を見るのに技術が役に立ち、中間管理職の監督の必要は殆ど無い。

多くの会社は不要な官僚主義を取り除くことによってより軽快になった。消費財メーカーのユニリーヴァは36階層もの管理機構を持っていたが、今では、いくつかの計算によると、6つしかない。しかしあまりに多くの中間職を削減することは、会社の「ハラキリ」のように見え始めるだろう。

ペンシルヴァニアのウォートンビジネススクールのエサン・モリックは、役員会の戦略実行の必要と日々の仕事の必要のバランスを取る主導権を持った管理職を、会社は育てる必要があると論ずる。中間管理職はまた、重要なフィルターとして活動する。大企業は多くの従業員を持つかもしれない。CEOはおそらく彼らの言うことを全て聴くことはできない。
 

発行日: 
2011-08-27
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加