銅の解決 - チリの鉱業

鉱業はチリで豊かになっているが、その未来は不安定だ

土産物屋は、磨いた銅の装飾品を売る。建設に次ぐ建設が、少しの銅の被覆を見せびらかす。チリの首都、サンチャゴのタクシー運転手でさえも、銅の価格を知っている。何がその国最大の輸出品なのか推測するのは難しいことではない。

銅はずっと地理に親切だ。それは、GDPの20%と輸出の60%を供給する。そのおかげで、インフレと失業がうらやましいほどに低い一方で、チリの経済は年に6%近く拡大している。貧困率は急落している。公共サーヴィスはほとんどが良い。チリには、農業、観光、そしてハイテクすらも含んだ、他の強みがある。しかし、銅価格の小さな変化も見出しになる。

銅鉱山自身は首都から離れている。世界最大の銅山(で世界供給の5%を超える部分の素となっている)エスコンディダは、北に1,300キロ行ったアタカマ砂漠の真ん中にある。世界最大の鉱山会社BHPビリトンは、そこで二つの巨大な穴を掘っている。深い方は幅が3.9キロで、深さが650メートルだ。家ほどもあるトラックが、休むことなく、1日に150万トンの岩をエスカンディダから運び出す。管理者たちは、シフト中に150キロ運転するかもしれない。去年、その鉱山は100万トンの金属を吐きだした。全体で、チリは世界の銅の1/3を生産する。

BHPは現場で4,000人の労働者を使っており、近くにさらに1.3万の請負人がいる。みんな、鉱山のために特別に建てられた住居に住んでいる。そこでは、彼らはズンバダンスのクラス、水泳プール、そしてジュークボックスとピンボールを備えたパブを楽しむことができるが、悲しいことに酒はない。(強いリキュールと重機は混ざらない。)最も近い町は170キロ離れた港のアントファガスタで、そこでは船が銅板や銅鉱を満載している。

銅への需要は、中国の田舎人口が町へ動き始めて以来、好況に沸いている。その移民たちは、銅線や銅管を備えた家を必要とする。新興市場はどこでも、橋、車、冷蔵庫、そして多かれ少なかれ電気を使うものに使用するために銅をむさぼる。中国の最近の減速は、年初と比べて銅価格を15%下落させる原因となっているが、それは依然として高い。

BHPとほかの鉱山業者は、チリに大きく投資している。銅鉱の大きな鉱床は珍しい。事業に友好的な政府を持った安定した国々での大きな銅鉱はさらに珍しい。ザンビアとコンゴは、同じ部類には入らない。

地理の銅産業は雑種だ。国有鉱山会社のコデルコが民間企業と競合している。過去には、コデルコは投資不足に悩んだが、それは改善している。2010年の企業統治の変化が、経営陣を政治的支配から解放することによって、ゆっくりとそれをより民間企業のようにしている。

2000-05年に、鉱業からの政府の収入は、平均して年に21億ドルだった。中国の成長が加速するにつれて、それは2005-11年の間に年に115億ドルに上がった。しかし、その好況は、ほとんどすべて銅価格によるものだ。チリのレッドメタルの産出は、ここ10年ほとんど増えていない。

チリの鉱山は高齢化している。エスコンディダの鉱山が1991年に生産を始めた時、チリの鉱石は平均して1.4%の銅を含んでいた。今、それは1%を少し超える程度だ。2025年までに、それは0.7%まで下がるだろう。そして、何十年もの掘削のおかげで、岩は今、更に深くなっている。トラックは、より多くの燃料と時間を使って、より深い穴から鉱石を運び出す。

鉱山会社は貧弱な鉱石に順応しなければならない。BHPは、かつては採掘するのにあまりに低級だと計算された数エーカーの鉱石の上に現在建っている破砕選鉱工場を動かすことを計算している。チリの鉱山会社すべては、より良い訓練が、その労働者をオーストラリアやアメリカのものと同じくらい生産的にする役に立つかもしれないと望んでいる。しかし、他の費用も上がっている。チリの賃金は高く、労働者はすぐにストライキをする。コデルコの鉱山労働者たちは、最近、労働条件を巡って1日の操業停止を行い、今月終った港湾労働者による3週間の争議行為は、1日に9,000トンの銅輸出を止めた。

エネルギーは高く、さらに高くなりそうだ。チリは水力発電以外にほとんど国内の電源がなく、そのダムは鉱山のそばにはどこにもない。その国は、新しい発電所を妨害する助けをしている力強い環境運動を持つ余裕があるほど、今では豊かだ。環境主義者をくいとめるために、BHPは、地下水脈を使い尽くすよりもむしろアントファガスタからくみ上げた脱塩水を使うことに切り替えている。それはまた費用を押し上げるだろう。

チリの困難は、他の国をより魅力的にしている。十分なガスを持ったペルーは、(その土地を切り刻まれたいと思っていない土着の人々もついているが)開発中のいくつかの大きな鉱山を持っている。合衆国すらも競争力があるように見えている。シェールガスのおかげで、エネルギーはチリよりもはるかに安い。賃金も時には安い。鉱山トラックのアメリカ人運転手は年にだいたい6万ドル稼ぐ。エスコンディダの運転手はそれよりも1万ドル多く稼ぐ。しかし、官僚主義により、鉱山会社にとってアメリカはチリよりも扱いにくくなっている。

地理の銅景気への最大の脅威は中国からやってくる。もし、世界の銅の30%を買っているその国がさらに減速すれば、その金属の価格は再び下がるだろう。そして、チリはすべてのその銅産出を観光客へのお土産品に変えることができない。
 

発行日: 
2013-04-27
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加