ストライキは他の所のリスクに新たな側面を提供する - 南アフリカ鉱業

その暴動の前ですらも、会社はリスクをとることを控えていた

南アフリカの鉱業部門を通して衝撃波を送った産業ストライキの盛り上がりの間に、アングロゴールド・アシャンティの社長マーク・クティファニは警告を発した。

「我々は皆、刃の先に立っている。」彼は語った。「私は資本を脅し始めているのではないが、はっきりともし我々がその問題を解決しなければ、いかにして私は株主に対して南アフリカに投資し続けなければならないことを正当化するのか?」

クティファニ氏は、世界で3番目に大きな金の生産者であるアングロゴールドが、その国で働いているその3.5万人の労働者のほとんどが9月後半に道具を置いて、南アフリカの操業を停止するよう強いられた後に話した。それは、18年前のアパルトヘイトの終了以来、その産業で最大の危機の引き金を引いた無謀なストライキの波の最も劇的な拡大だった。

クティファニ氏からのメッセージは率直だった。産業ストライキと追加的費用は、投資の行き先がこっぴどくやられるにつれて、限界的な鉱山の閉鎖を加速し、南アフリカのイメージと同じように多くの職の喪失につながりうるというものだ。8月にプラチナベルトで始まったその不安の一つの結果は、鉱業会社が南アフリカでリスクをとるのを減らす傾向を急がせることかもしれない、とアナリストは語る。

株式仲介業者のSBG証券のアナリスト、デヴィッド・デーヴィスは語る。「その傾向はいつでもそこにあった。アフリカと世界中での地理的な多様化だ。多くの投資家によって推測されたリスクは、南アフリカの操業の貢献を最小化することによって彼らの株式を脱リスク化しようとする過程を加速し、またそうするだろう。そしてそれは全部門にわたるだろう。」

ほとんどの金採掘者は、会社が最後通牒をだし、賃金の上昇に合意した後で仕事に戻っている。

アングロゴールドは操業を再開したが、本誌の印刷時点で、アングロアメリカン・プラチナムはそのルステンブルグの操業を停止するよう強いられその生産の40%に影響しているストライキを終わらせるのに苦労している。

すべての採鉱者が仕事を再開したとしても、スラム街の労働者の貧弱な生活水準や、世界で最も不平等な社会の一つでの貧困と不平等の拡大についてのより広い不満を含んだ、その闘争の根本原因はわだかまり続けそうだ。

その物語はまた、労働規制の脆弱さを明らかにした。その暴動の前でさえも、依然として世界で最も重要なもののひとつであるその部門は、政策の不確実性、社会資本のボトルネック、そして上昇する費用のために、投資を惹きつけるのに苦労していた。

同時に、その天然資源の豊富さにもかかわらず世界で最も探索されていなかった場所の一つであるアフリカの他の所へ、採鉱者たちは、ますます世界的に向かっている。

アングロゴールドは、その生産の約1/3を南アフリカから得ており、ガーナ、ギニア、タンザニア、ナミビア、そしてコンゴ民主共和国でも操業しており、一方ゴールド・フィールズは、生産で10年前には約90%だったものから今では50%を下回るまで、その南アフリカでのリスクテイクを減らしている。それはガーナで2つの鉱山を操業しており、マリで探査計画を行っている。

プラチナ部門では、会社にはより少ない選択肢しかない。南アフリカは世界の埋蔵量の約80%を占めており、残りの多くはジンバブエにある。後者での事件は、その大陸のほかの場所で操業する更なる困難を示す。

ジンバブエ政府は議論を呼ぶ土着化計画を推進しており、その下では外資系企業は51%が地元の人によって所有されることを望まれている。ガーナ、ギニア、ザンビアを含んだほかの国は、資源国有化の傾向が推進力を得るにつれて、彼らの鉱業体制の変化を実行したり、実行する計画をしたりしている。他の所では、DRCが貧弱な統治と不安定さによって悩まされており、一方マリは今年のクーデターとその国の北の大部分を乗っ取っているイスラム民兵に耐えている。

アフリカで事業を行う潜在的な複雑さを強調する取引の例もある。今年の初めに、南アフリカの事業家ウォルター・ヘニッグは、彼の会社パラディーノがギニア政府に2,500万ドルの融資をした後で、議論に巻き込まれた。

その取引にまつわる懸念は、もしその政府がその融資を踏み倒せば、パラディーノが国有か民間の鉱業資産の30%まで受け取ることができるという主張に焦点が当たった。

パラディーノはデフォルト条項の申し立てと「それに伴う暗示」を、「まったく根拠がない」と表現する。それは声明の中で、それが5月にその融資をすぐに支払うよう頼んだ、と語った。

依然として、それは、いくつかの契約にまつわる推測と、その大陸中で契約を結んでいる強力な政治家と事業家の間の関係の例だ。

ヘニッグ氏は、南アフリカの政治家で以前パラディーノと契約を結んだムヴェラパンダ・ホールディングスの創業者でもあるトーキョー・セクスウェールの事業仲間だ。ムヴェラパンダは、ギニアの取引に関与しておらず、その議論はそれがパラディーノとの将来の取引を延期させていない。

「我々の非排他的な(パラディーノとの)合弁事業を通して、我々は投資を提案したが、我々はそうしないことを決定した。」ムヴェラパンダ・ホールディングスの社長、マーク・ウィルコックスは今年本誌に語った。「しかしながら、我々はその大陸で複数のほかの取引をしているので、もし取引が我々が幸せだと感じるものをもたらすならば、確かに投資を考えるだろう。」
 

発行日: 
2012-11-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加