愛を探して - 現代の結婚

 

一人っ子は相手を見つけるのにいくらかの助けを得ている。
 
5月26日と27日に上海のお見合いエキスポに4万人が集まったけれども、Yu Binは彼女らの中に妻を見つけることを期待することはできなかった。26歳の警察官Yu氏は自分自身を保守的だと表現し、「伝統的な美徳」を持った女性を探している。その町で最大のものだったそのエキスポへの彼の参加は、勝ち目のうすいものだった。彼は仲間か彼の両親によって整えられた結婚を好むだろう。それは30年前には機能していた、と彼は語る。
 
巨大なエキスポ公園の反対側では、Fancy Huangが彼女の母親と議論している。25歳の(自分の名前に英語名を選んだ)Huangさんは、あと2年でshengneまたは「行遅れの女性」の恐ろしい齢になる。彼女のいとこは皆結婚しており、だから彼女の両親は圧力をかけている。Huangさんの母親は、気をもんでいる。「ときどき私の娘は、自分自身のためにフラットを買って、一人で住むだろうというの。」と彼女は言う。「それはとても信じられない。」
 
Yu氏とHuangさんは、中国の現代結婚市場を進もうとしているたくさんの若者の中の二人にすぎない。そのエキスポでは、助けには事欠かない。ある舞台では、華やかなミニドレスを着たグラマーな女性が公開お見合いセッションを行っている。独身者が舞台に上がり、笑顔か悲しい顔のへらをあげる12人の女性審査員に歌を歌う。ほかでは、大きな急速デートイヴェントが行われている。デート代理人が独身者に登録するよう競い合っている。彼らのウェブサイトは中国で広く一般的だ。そのようなサイトの一つ、Jiayuanはアメリカのナスダック市場に上場されている。
 
過去30年間、配偶者を探してきた中国人は、ほかのことと同じように、変わってきた。孔子の考え方は、関わる個人というよりもむしろ、社会にとってのお見合いの重要性を強調した。正式に準備された結婚は、1950年に禁止されたけれども、両親や同僚は新しい国でカップルができるよう助け続けた。(依然としてしている人々もいる)
 
特に都市部での、自分自身の相手を選ぶことを好んでの、そのような行動の最近の減少は、巨大な人口統計上の変化とともにおこっている。中国の(100の女の子に対して118人の男の子という)歪んだ誕生率は、2020年に約2,400万人の独身男性が余ることを意味する。そして女性の社会経済的自由の増加は、夫を選ぶときに彼女たちにえり好みさせるようにしている。
 
伝統主義者のYu氏は望みを持ったままだ。「我々は正しいときに正しい場所にいないだけだ。」彼は推定上の相手について語る。それほど忍耐強くない独身男性もいる。先月、南の町の広州で「10の町で配偶者を探す百万長者ショー」が始まった。11人の中国人百万長者が高級お見合い代理店に500万元(79万ドル)で助けを求めているのだ。彼らのうちの一人の億万長者には、特別の要件がある。適合した候補者は20-26歳の間で、体重が50キロ以下で、性的経験を持たないことだ。今のところ、5,000人以上の若い女性が応募している。
 
 
発行日: 
2012-06-09
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
人物: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加