西アフリカ統一聖戦運動

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

西アフリカ統一聖戦運動(Movement for Oneness and Jihad in West Africa)は、イスラム・マグリブのアル=カーイダ機構から分かれた活動中の組織だ。それはその最初の武装行動を2011年の10月に発表した。それは、今のところアルジェリアだけに限られているが、西アフリカのより広い部分に渡って聖戦を広げるという目標を意図したものだ。

歴史
西アフリカ統一聖戦運動(MOJWA)は、イスラム・マグリブのアル=カーイダ(AQIM)の活動範囲外である西アフリカに聖戦を広げると主張された目標を持ってAQIMから別れたものだ。それはまた、アル=カーイダの創設者、オサマ・ビン・ラディンやタリバンのリーダー、ムハンマド・オマルといった人物とのイデオロギー的な親近性を話す映像を発表した。アルジェリア、マリ、ニジェール、そしてモーリタニアでのアル=カーイダの分派集団の流行は、それらが設立される少なくとも10年前から存在し、2011年のリビアの内戦と砂漠地帯への武器の流入以来はるかに激化している。

事件
西アフリカ統一聖戦運動は、2011年10月22日に、その集団がアルジェリアのティンドゥフのサハラウィ難民キャンプから3人の西洋人を誘拐したときに、初めて現れた。その難民キャンプを管理する民族解放運動のポリサリオ戦線は、最初AQIMを非難した。MOJWAが後に、身代金として3,000万ユーロを要求して、誘拐したスペイン人男性一人とイタリア人とスペイン人の女性一人ずつの映像を公開した。2012年3月3日に、それは、一人の兵士と一人の民間人にけがを負わせそのうちの何人かは重態になった、タマランセット準軍事警察基地での、車による自爆テロの犯行声明を出した。

元記事更新日: 
2012-03-19
元記事: 
主カテゴリー: 
主地域: 
キーワード: 
評価: 
0
まだ投票はありません

コメントを追加