iPhoneがある時に、なぜ外出するのか? - 国立公園

アメリカの国立公園は若者を引き付けるのに苦労している

毎年900万人を超える人々がグレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園を訪れており、それはグランドキャニオンにぽかんと見とれる人の数の倍以上だ。その光景は素晴らしい。アパラチア山脈の最高点である区リングマン・ドームの頂上から、強く惹かれる猫背の稜線が地平に向かって傾いており、それぞれでより薄い青が最後のものにこだまする。その公園はまた、1,000マイルを越えるハイキング、バイク、そして乗馬の小道、良く保全された辺境の小屋、そしてオレンジサラマンダーからアメリカグマまですべての種類の面白い動物相を自慢する。しかし、ケント・ケイヴがそこで働いて30年強で、多くの観光客にとってその公園が、ノースカロライナのチェロキーの土産物屋とテネシーのアミューズメントパークのピジョン・フォージの間の途中にある「克服すべき障害物」であるという感覚が、かつてなく強くなっている。

グレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園への訪問者数は、1999年に1,030万人でピークだった。それ以来の減少は、比較的小さい(厳しい経済の時期は安い休日を好む)。ほとんど同じことが、去年ほぼ2.83億人の訪問者を受け入れ、1987年と99年に到達した2.87億人に少し届かなかったアメリカ全体の国立公園網にも当てはまる。
 

後援とレクレーション

しかしながら、単に自分を保つことは、訪問者数の記録更新が様式だったアメリカの公園にとってはいくらかの停滞だ。さらに、データは少ないけれども、訪問する人々の平均年齢は上がっているようだ。スモーキーでは、61歳以上の夏の訪問者の割合は、1996年に行われた調査の時の10%から、2008年の似たようなものへの17%に上がった。15歳以下の割合は26%から22%に下がった。

国立公園局は、その停滞する人気をすべて説明できる。もっとも単純なものは、娯楽の他の形態が、アメリカ人をその魅力からそらしているということだ。その局長のジョナサン・ジャーヴィスが2011年に言ったように、「iPhoneの時代よりも、国立公園がまるで決して時代遅れではないように見えるときがある。」ある報道官は、ここ数十年の中産階級の休日の選択肢が、お手頃なビーチに定期的にとどまるようにするタイムシェアの宿から、中央フロリダやラス・ヴェガスのような場所での家族に焦点を当てた開発まで、浸透していることを引用する。

公園局はまた、その人口の中でかつてないほど割合を増しているアメリカの少数派が、白人ほどその素晴らしさに興味を持っていないということも心配する。「多くの移民は、公園の歴史を持っていない場所から来ており、彼らは、イエローストーンやゲティスバーグや独立記念館のような場所に、何の文化的つながりも持たずにやってくる。」ジャーヴィス氏は注目した。

それに対して、公園局は、より若く、有色の、技術に取りつかれたアメリカ人に、自身が愛されるための新たな方法を提案している。それは、なぜ黒人やヒスパニックが離れるのかを見つけるために、彼らのフォーカスグループを持っている。それは、とりわけヒスパニックの労働者の指導者セサル・チャヴェスを顕彰する記念碑を作ることにつながった、アメリカでのラテン系の人々の歴史を反映するだろう、潜在的な公園や記念碑を思いつく計画を始めた。アジア系アメリカ人に向けた似たような傾きも、今始まっている。そして、個々の公園は、ニューヨークのゲートウェイ・ナショナル・リクリエーション地域のそばのヒンドゥからマサチューセッツのローウェル国立歴史公園のそばのヴェトナム人まで、その後背地の少数民族を惹きつけるための特別な努力をしている。

グレート・スモーキー・マウンテンズ国立公園では、一方、職員は、若くて技術に精通した人々に関与する努力を強調する。彼らは、課題の中でもとりわけ、衛星ナヴィ装置を使って行われる清掃動物の追跡を案出し、いかにクマに殺されるのを避けるか(それを驚かせないように歩くときに歌う)を説明するポッドキャストを作り出すのを助けている。

レンジャーは「素晴らし木(Treemendous)計画」や「ひどい動物ども」(スカンクの攻撃をクンクン嗅げ!色目を使うクマはあっちへ行け!)といった題の講義をする。それらに十分参加した若者たちは、「ジュニアレンジャー」の称号を得ることができる。家族はどれだけ彼らが講演の小道を一緒に歩いたかを記録するバッジを得ることができる。レンジャーと一緒のジョギングを提供することによって、フィットネスに熱中する人々を公園に誘う試みすらある。悲しいことに、それは関心を得られずに中止された。(公園局は全体として、依然として「朝、歩いて私を呼んで」と呼ばれる、訪問の健康的な効果への活動を行っている。

しかしながら、このすべてが、人々に、iPhoneから離れたり、かなり成功した地元のカントリー歌手であるドリー・パートンが所有する近くのアミューズメントパークのドリウッドで過ごす時間を少なくするよう説得するのに十分かははっきりしない。ドリウッドの最新のローラーコースター「ワイルド・イーグル」に乗るために列に並んでいるある12歳の少年は、そのアミューズメントパークに4回、もっとも最近には教会の若者グループと一緒に訪れているが、国立公園については聞いたことがない、と説明する。ノースカロライナの彼の家からそこを通って車で走っても、バスの中のだれもそれについて言わなかった、と彼は言う。
 

発行日: 
2013-08-17
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加