ダイというな - いかにほかの少数民族はうまくやっているか

少数民族は共産党支配を違ったやり方で扱っている

簡単な自宅での夕食を妻と息子と囲んで座って、Ai Khamngenは怖い予測をする。今後50年にわたって、アイデンティティを保つのが彼のダイ族かよりよく知られたチベット人かと尋ねられると、彼はチベット人を選ぶ。

彼はまた、いかにダイ族がチベット人よりも巧みなやり方を選んでいるかを描いてもいるので、その予測は皮肉が織り交ぜられている。ある点では、これにより彼らは中国の治安部隊の強硬姿勢を避けることができており、彼らによく仕えている。しかし、Khamngen氏は心配なままだ。

中国は55の公式少数民族を示すが、チベット、ウイグル、そしてモンゴルのたった三つだけが、ふつうその漢族支配者や隣人たちとの不和について、外国で多くの注意を惹いている。その他の52は、国中に散らばっており、南西中国に多くが集中している。ダイ族は、雲南省のはるか南に住んでいるたった130万人の人々で、国境を越えたミャンマー、ラオス、そしてタイの集団と親類のつながりを持っている。

密かに、中国の高官は、そのような人々が、チベット人とその亡命指導者ダライ・ラマとは違って、カリスマ的な(狡猾な、と読む)指導者を欠いているので、めったにニュースにならないという。しかし、他の力が働いている。一つは宗教だ。多くの少数民族は、仏教徒だけれども、儀式において穏健だ。チベット人はより信心深く、彼らの区別できる仏教の形は、そのアイデンティティの中心部だ(それは彼らを漢族からより「違った」ものにしている)。新疆のウイグルはムスリムで、多くが世俗で穏やかな儀式しか行っていないが、宗教はそこでの要因でもある。

同化の程度がKhamngen氏の悲観論の主要な理由かもしれない。ダイ族のような少数民族は、チベット人よりもはるかに大きく漢族に同化されている。

三つ目の理由は、数とその人口の集中だ。少数民族の中には数十万人しかいないものもいる。しかし、大きさは決定的ではない。600万人のチベット人、そして1,000万人のウイグル人がいるかもしれないが、1,700万人のチワン族、1,100万人の回族、そして900万人の苗族がおり、彼らが別れる兆候はほとんどない。

最後の理由は、開発、中国支配、そして漢族移民の圧力の下で、少数民族が遺産とアイデンティティを保つための戦略の違いにある。皇帝は遠く離れており、彼とけんかする(または独立のための圧力をかける)たった一つの方法は、彼の政策を避けるか鈍らせることだ。これは、ダイ族が彼らの扱いに満足していることを意味しない。多くが、漢族経営の観光地で正統的な民俗として行われる彼らの音楽や踊り(彼らの有名な水かけ祭りを含む)の変えられたものに苛立っている。彼らはまた、新しいゴムの木の植林で影響を受ける環境劣化についても心配している。

どちらもダイ族に完全には対決を断念させていない。Khamngen氏は、計略は押し返すべき正しい時を選ぶとことだという。チベットが示すように、中国のキーキー言う車輪はしばしばグリスだけではなくハンマーで扱われる。Khamngen氏にとって、ダイ族の遺産を保全する本当の鍵は、政治的にではなく、個人的に家の中や村の中で追及されることだ。彼と彼の妻は、彼らの息子にダイの言葉でだけ話しかける。その少年が大きくなった時、彼は伝統に従い、数年間を修道院で過ごす。そしてもしダイとして中国で幸福に生きることが不可能だとわかれば、彼はその息子に、彼の本当のアイデンティティを表現するのにより自由があるタイに行くよう励ますだろう。
 

発行日: 
2013-03-09
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加