プラスティックのポンド - 新しい貨幣

紙幣は終わりに近づいている

イングランド銀行は、ショッピングセンターでその調査を見せているとは知られていない。ふつう、そのデータ解析担当は、ワシントンD.C.やフランクフルトの陰気な部屋にいるがり勉タイプの相手役とその考えを交換する。しかし、その最新の計画は異なっている。3年間にわたって、イングランド銀行は、その貨幣を研究しているのだ。いま、それはそれがプラスティックで作られるべきだと公衆を説得したいと思っている。

広く定義した英国の現金のうち、たった約3%しか、いずれかの物理的形態をとっていない(残りはデジタルだ)。30億の紙幣が流通しており、額面は約580億ポンド(920億ドル)だ。9月10日に、その銀行の業務局長のクリス・サーモンは、ある貨幣を紙(実際には綿と亜麻でできている)で作るのをやめて、2016年から5ポンドと10ポンドについてポリマーを使いたいといった。

20を超える国々ですでにそのような貨幣を使っている。それらは作るのにより費用がかかるが、より価値がある(その銀行の計算では1億ポンドを節約する)。紙幣はより速く汚くなり、破損する。よく使われる5ポンド紙幣は一般的にたった9か月しか持たない。ポリマーの紙幣は6倍長持ちする。それらは洗濯機にかけることすらできる。それらはまた偽造も難しい。サーモン氏は誇りを持って試作品の10ポンドの上の透明の窓を示した。それは、そのような貨幣を偽造するのを難しくする。商人は、より簡単にきれいな貨幣上の安全な特徴がないことを指し示すことができる。

2012年に、その銀行は額面で1,300万ポンドの72万枚程度の偽札を流通から引き揚げた。ポリマーの札を使っているオーストラリアは英国よりも偽造率が低い。

銀行は現金預入機を変える必要があるだろう。しかし、大きな心配は、新しい札の滑らかで弾力性のある感覚への大衆の反応だ。だからショッピングセンターなのだ。イングランド銀行はそのような場所で30を超えるプレゼンをしている。お買い得品を期待してはいけない。
 

発行日: 
2013-09-14
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加