政府にはもったいない - 新エネルギー

二人の官僚が制度と戦い、費用を払った

クレア・ブロイド・ジョンソンは、連邦機関の中間管理職で見ることは期待できない民間部門のやり手の部類に入った。ハーヴァードとハーヴァード・ビジネス・スクールを卒業した後で、主要銀行やほかの会社のためのエネルギー取引を組み立て、彼女は道を切り開く太陽光会社サンエジソンの設立を助けた。しかし、2009年に、オバマ大統領の希望のある変化を求めたレトリックに感銘を受けて、彼女はエネルギー局に参加した。耐候化と政府間計画事務所(OWIP)が動かなくなった2010年に、彼女はそれを除細動するために選任された。

公務員を解雇することはほとんど不可能なので、ブッシュ政権のエネルギー役人は、OWIPに融通の利かない男たちを蓄積し、トルコ農場と呼ばれたものをつぶすかその3億ドルの予算を削減することによって、彼らを全部取り除くことを望んだ。しかし、オバマの刺激法は、OWIPに、低所得の家の耐候化やほかのエネルギー効率化計画のために、その機関が扱うことのできなかった肝がつぶれるような金額である113億ドルを与えた。その結果は麻痺だった。カリフォルニアは住民の電気とお金を節約するために月に2,500軒を耐候化するよう想定していた。2009年にそれは12軒を終えた。

ジョンソンはそれほど外交官ではなかったが、頭脳、事業の名人芸、そしてがさつものの精神を持っていた。「彼女は建物を襲ったハリケーンのようだった。」一人の同僚は思い出した。ジョンソンは官僚主義を削減するグリーンライト作戦やのろまに圧力をかけるための「SWATチーム」のような軍隊式の計画を立ち上げた。予想通りに、彼女はトルコ農場で羽根を逆立てた。ある終身囚は彼女が近づくといつでも新聞に鼻を埋めた。彼女が勤務中の居眠りについて非難した後にその不平について訴訟を提起したものもあった。彼女は、のろまをくびにしようとする秘密のカップケーキ作戦を工夫したが、公務員のカップケーキは、政治的任命者が回転ドアであることを知っていた。彼らは、「我々はここにおり、あなたは去る」ので、自分自身をWeBesと呼んだ。

一方、別の民間部門の難民は、別の公共部門の僻地である政府一般調達局(GSA)に動いている。GSAは、連邦環境建設計画のために刺激資金として55億ドルを受け取り、公共建設委員長でかなり尊敬された不動産役員のボブ・ペックが、その機関のロケット打ち上げの時、棚ボタを見た。彼は、最小のレヴューで小さな契約を交渉するための契約の「スピード・デーティング」計画を設置する助けをした。彼はGSA計画を、最新のエネルギー節約法のベータテストとLED照明や地熱ポンプのような新興技術への要求を打ち立てるのに使った。そしてペックが説明しているように、環境に向かうことはハイテクのきらきら光る宝石というだけではない。GSAの本部の革新は、何千人ものより多くの従業員を収容し、電気料金と同様に過剰な事務所空間の賃借料で、年に2,000ドル節約する。それは、密集した街が、広がる郊外よりもより環境にやさしいのと同じように、環境にやさしい。私が訪れた時、ペックは彼の事務所である75平方メートルのマックマンションに4人の記者を動かした。「それだけの領域をだれが必要なのか?」彼は尋ねた。「我々はもはやネアンデルタール人ではない。」

ペックの不動産革新の多くは、標準的な連邦の行動になった。ジョンソンのあからさまに攻撃的な管理は、耐候化率を年に3万件から月に3万件に強化した。彼らは二人ともシステムと戦い、勝った。

しかしそれから、彼らは負けた。ジョンソンの敵は、彼女がその代理を雇う一括処理が手続き違反だと明らかにする電子メールを監察官に漏らした。「その人事過程は、ただあまりに遅いのだ。」彼女は書いた。「私は助けになる機関が今必要なのだ。」無能な官僚を、すべての必要とされた輪を通り抜けることなしに、鞭打って形にしようとする犯罪のために、彼女はやめるよう強いられた。「もし私が頭を下げ続ければ、私は困難に見舞われることはなかっただろう。」彼女は語る。「しかし、私は何事もなさなかった。」

ペックもまた、最高位の役人を、超能力者と道化師が主役を演じたとっぴな納税者の金によるラス・ヴェガスでのGSAの会議に出席させたために、やめさせられた。彼はその会議を立ち上げなかったが、この種のワシントンの醜聞は儀式的な生贄を要求する。「そこには無欠陥精神がある。」ペックは語る。「人々は政府がビジネスのように運営されてほしいと言うが、明らかに彼らはそうではない。」

ジョンソンとペックはいいだろう。彼女はあるエネルギー効率化会社の役員だ。彼は民間不動産に戻る。ワシントンの完走文化に苦しむのは国なのだ。政府が変化を動かす人々をかみ砕く限りは、それは現状維持を奉ずる人々をひきつけるだろう。
 

発行日: 
2012-09-10
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加