学校への新しいルール

革新者がインドの医療を揺さぶっている。どうして同じことが教育にできないだろうか?

バンダリ現代公学校は、技術的シフトダウンによってのみ近づくことができる。普通サイズのタクシーは狭くて混雑した通りを抜けることができないので、トゥクトゥクに乗り換える必要がある。間もなくその通りは路地になるので、自転車リキシャに乗り換える。

ニューデリーのブランプリ・スラムは活気のある場所で、移民、ムスリムなどの周縁者の本拠だ。西洋剃刀と汚い水の入ったバケツを持った理容師が、歩道の上で顧客のひげをそっている。工場が人々の目の前でブンブン言っている。動物と子供たちはどこにでもいる。水牛がカートを引き、白いポニーは特に何もしておらず(彼らは結婚式で人気がある)、子供たちは自転車の空気入れや洗剤を売り歩いている。

その名前にもかかわらず、その学校は、私立で、それは圧縮の奇跡だ。一クラス25人の各階の子供たちは狭いコンクリートブロックに詰めかける。それはまた秩序の奇跡だ。子供たちは制服を着て、訪問者にあいさつするために立ち上がる。一つの教室は明るい絵と「私たちは数学で80点以上取ります」といった元気のいいスローガンで飾られている。その教師は、その職を見つける前に、大手IT企業のインフォシスで働いていた。別の教室はそれほど面白みがない。その学校の所有者で校長のバンダリ氏は、明らかに鋭いビジネスマンだ。彼は、隣に、ミッキーマウスの写真で飾られたより派手な学校を運営している。彼は、印象的な資格コレクションを持っている。彼は、彼の学校の強みの一つが、それが「英語媒体」だということだと説明するのに、通訳を使う。

バンダリ博士の学校は、貧者への私立学校を提供する、増大する動きの一部だ。信頼すべき全国的な数字はないが、シンクタンクのインディア研究所への新たな報告は、かなり代表的な町のパトナの町の子供の65%が私立学校に行っていることを見つけた。そして、その子供たちを政府の学校に通わせている親たちの70%が、月に50-500ルピー(1-10ドル)の控えめな授業料を払うことができるのならば彼らを私立学校に通わせるだろう。

設備は基本的だが、安い私立学校はきちんとしており、しばしば英語を教える。バンダリ博士の学校は、地元のシンクタンクに運営されているヴァウチャー実験の一部だ。市民社会センターは、400人の無差別に選ばれた少女たちに、彼らの選んだ私立学校に費やすためのヴァウチャーを与える。その結果は勇気づけられる。「ヴァウチャーの子供たち」は国有学校の同級生よりも読みや計算をよくやり、より高い熱意を持っている。彼らはまた、より多くの家族の支援を得る。

貧しい親たちが国が無料で提供するものに支払うことは、大いに意味がある。インドの国有学校はその教師たちに私立学校よりもはるかに多くを支払うが、彼らはしばしば悪い。調査によると、1/4かそれ以上の政府の教師たちが、どの時点をとってみても休んでいるという。当局が怠け者を懲戒し、良い教師に報いるのを、組合が邪魔をする。

貧しい親たちが支払う意思はまた、普通のインド人の教育への情熱という、より積極的なものの兆候だ。ブランプリのようなスラムは、間に合わせのコンピューター訓練学校や英語学校の派手な宣伝にあふれている(英語が流暢な労働者はそうでない人々よりも34%多く稼ぐ)。知能に頼るインドの会社は、地元の頭脳を育てるのに自然に熱心だ。インフォシスのような企業は、大したことのない大学の卒業生を世界クラスのコンピュータープログラマーに変える巨大な訓練機械を作っている。そして社会起業家は興味深い実験を生み出している。物理学者のスガタ・ミトラは、スラムに隣接した彼の事務所の壁の穴にコンピューターを置き、読み書きできないストリートチルドレンが自分でウェブサーフィンの仕方を学ぶことを発見した。「壁の穴」のコンピューターは、その国中の何百もの場所で利用できる。

しかし、インドは、教育においては医療ほど革新的ではない。GEの社長ジェフ・イメルトは「インドのすべての医者は起業家だ」と感激した。GEはインドをその「低費用革新」の地球的な中心にした。バンガロールの外科医デヴィ・シェティは、重大さの順で心臓手術の費用を減らすために規模の経済を応用する。アナント・クマールは、ライフスプリングという低費用産科医院のチェーンを立ち上げた。教育で進行しているものに何か比較できるものを思いつくのは難しい。私立学校は品質がかなり多様な小さな事業だ。インフォシスのような会社は、小さな子供たちよりも、大学中退者に焦点を当てる。社会起業家は、世界化することは言うまでもなく、インド中に彼らの革新を広げるための資源を持っていない。

少数の地方政府がヴァウチャースキームを試している。例えば、北部の州のウッタラーカンドは、孤児や中退者のために、年に3,000ルピー相当のヴァウチャーを供給する。しかし、多くのインド人役人は私立学校を疑いの目で見る。教育的起業家は、何十もの免許を取り、賄賂に飢えた調査人による終わりなき調査を通らなければならない。医療も規制されているが、(公的独占を脅かす)私立学校へのルールは、彼らを消すように設計されているように見える。(来年施行され始める)2009年の教育法は、運動場の最低限の広さと教師の給料の最低レヴェルを指示する。
 

本の虫をほどく

インドの政府だけが学校改革を妨害しているたった一つの国であるということは全くない。しかし、教育的起業家に革新の余地を与えている国々は、利益を受けている。例えば、スウェーデンは、公立学校で子供に使われただろう額を親に返金し、それを私立学校に使うことができるようにしている。私立学校は利益を出すことが許されており、民間資本に支援された会社は学校チェーンを作ることが許されている。そのような改革は、公立学校に競争するよう強いる。もしインドで応用されれば、それらは学校がダメな教師を甘やかすのを止めるよう強いるか、さもなければ学園への生徒を失うかだ。

教師組合は反対するだろう。しかし、何もしないことの機会費用は巨大だ。半分以上のインド人は、25歳以下だ。もしそれらの若い頭脳がよく教育を受ければ、その国は巨大な人口の配当を収穫するだろう。しかし、もしインドがその失敗した学校を大刷新しなければ、それは起こらないだろう。
 

発行日: 
2013-03-23
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加