協力している - ナイジェリア

新たに統一した野党は、ナイジェリアの与党への最初の信用できる脅威を贈る

素晴らしいチームプレーのおかげで、ナイジェリアのサッカー代表チームは、2月10日に、南アフリカで開かれた2年に一度のサッカーアフリカ選手権で、1994年以来の優勝をした。本国の野党政治家や何百万もの同国人は、広く祝った。しかし、彼らはサッカー選手たちの例に倣い、チームとして機能することができるのだろうか?

数日前、野党指導者たちは、今からさらに2年の任期を務めることを計画しているかもしれないグッドラック・ジョナサン大統領の与党人民民主党(PDP)を打ち負かすことを狙って、4つのかなりの大きさの政党の合併を発表した。PDPは14年前の軍政の終わり以来権力を握っているが、不正を抑制しその国の石油の富を広げるというその約束を重んずることに繰り返し失敗している。

その合併は、統一戦線を形成する、野党による今まででもっとも専心した努力だ。理論的には、権力は手に届くところにある。PDPは頻繁に国政選挙に負けるが、それだけが全国的な候補者と活動家のネットワークを持っているので、大統領の座を維持することができている。他の党は根拠地から運営しているが、今のところ、広い全国的魅力を持った候補者を編成するのに失敗している。ジョナサン氏は、2011年の前回選挙に、ほとんどやる前から勝った。彼はほとんど熱狂を起こさなかったが、バラバラの野党は第1回投票で決選投票に持ち込むための票を得ることができなかった。

野党が一緒に働こうとする前の試みは、その指導者たちの競合する野望のためになされていなかった。数えきれない話し合いが何年にもわたってなされているが、今までそれらはいつも壊れた。しかし、もっとも最近の選挙の後で、最も自分勝手な野党すらも、妥協しなければ権力を勝ち取ることができないと認識するようになった。

その党の合併は、進歩的変化議会(CPC)を代表し、2003、07、11の大統領選に出馬し、1983-85年の軍政下のナイジェリアを率いたムハンマドゥ・ブハリ将軍を含んだ何人かの政治的重鎮の裏書を受けた。別の支持者には、伝説的な元ラゴス知事でナイジェリア行動会議(CAN)を代表するボラ・ティヌブもいる。その多くが自分の州で支持者を揺り動かすことができるさらに何人かの知事が、その結合を支持している。

まとめて彼らは全進歩的会議(APC)と呼ばれる。「それは信用できる脅威だ。もし2つの大きな野党をまとめることができれば、それは権力への有意義な挑戦だ。」首都アブジャの政策法律提言センターのアナリストクレメント・ンワンクウォは語る。

エゴがその傘型政党を作りもするし壊しもする。それはまだ大統領候補について合意していない。今のところ、ブハリ将軍もティヌブ氏も、たぶん新しい若い競争相手のために道を敷いており、関心を宣言していない。野党候補を失うことは、依然として弱点になりえ、投票を分ける。しかし、もし合併した政党が完全なままとどまり、ANCの南の拠点とCPCの北の拠点を結びつけることができれば、それは与党にかつてないほど大きな挑戦を与えうる。

一方、ジョナサン大統領は熱心に売り込んだ改革を押し通すのに苦労している。何百万ものナイジェリア人が電気や正しい医療、そして教育なしで依然として生活している。その国の一部での貧困は、記録的な石油収入にもかかわらず、かくてないほど悪い。

その大統領はまた、成長する北の反乱を取り去ることに失敗しており、そして厳しく取り締まることによって間違いなくそれを悪くしている。より尊敬された元大統領でPDPに忠実なオルシェグン・オバサンジョは、ジョナサン氏に対して遠慮なく話す。

多くのナイジェリア人は変化したがっているという。「我々はPDPに飽き飽きしている。彼らはくずだ。」アブジャの市場露店の所有者ジョブ・ソロマンは語る。「APCがその行動を一緒にし、我々によい候補者を与えれば、人々はPDPをけり出すよう投票するだろう。」

この与党は混乱しているとみられないよう懸命にやっている。国会議長のバマンガ・トゥカーは「多くあることにより長所がある。」と語る。しかし、彼の同僚は、反応を決めるための高位の委員会を立ち上げている。彼らは支持者を投票者に狩り出すためのたくさんの資金にアクセスできる。3つのうち2つの連邦州は、依然としてPDPによって運営されており、多くの豊かな事業家はその党と密接なつながりを保っている。

首都を駆け回っている新しいジョークに、主要な野党グループが合併したので、PDPは警察や軍と同盟を組むだろう、というものがある。治安部隊は、その国の36の州のうち一つ以外すべてで活動している。最近の選挙で脅しが頻発しており、いくつかの場合、制服を着た男たちが投票者を守るよりもむしろ脅している。
 

発行日: 
2013-02-16
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加