マココ破壊中 - ナイジェリアの商業首都

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

アフリカで最も古く、もっともよく知られたスラムの一つが、取り壊されている

パドルが油っぽい水をザブザブはねかけ、その上にナイジェリアの商業の中心であるラゴスの多くが建設された浅い潟の中からはるか突き出た柱の上の木製の掘っ立て小屋を分けている狭い水路に沿って丸木舟を進める。25万人の人々がマココに住み、地上を歩く前に泳ぎ方を学び、学校へ行き、主要水路を漂う商人からものを買い、釣り船を作り、海へ行く。わずかな狭い橋が、ほかのものと同じように水面から6フィート下に怒りをつけた高架式プラットフォームをつないでいる。マココで見つけることのできないものは墓場だけだと彼らは言う。

または政府だ。120年以上の間、その漁業共同体は、かなり自分たちの考案物に残されてきた。しかし、それは先月チェーンソーを持った百人の役人が何十もの柱を破壊した時変わった。所有権証書がなく、住民はたった72時間前に通知されただけだった。警察との衝突で1人が亡くなった。地元の共同体の長スティーヴ・アジは「政府は掘っ立て小屋について言ったが、これらは家だ。」と語る。

全地区はすぐに無くなるかもしれない。政府は一等の水辺地帯になっているものを埋め立てるのに熱心だ。それが無情で強欲だと描くのは、半分だけしかフェアではない。湿地の上に建てられたラゴスは、生き残りのために戦っている。絶え間のない移民がそれを締め付けている。町の長老は、数十年以内に人口は倍増して4,000万人となり、世界で最も人口の多い街になるだろうと予想する。ラゴスの経済はとても速く成長しているので、それは例えばケニア全体よりも大きい。

ラゴスは長い間、都会の混沌の典型だった。交通は伝説的に悪く、犯罪は長期間続く腫物で、公共サーヴィスはほとんど行き届いていない。去年再選されたその町の政府はこれをすべて変えるために戦っている。それは、鉄道網を注文し、手におえないバイクタクシーを管理しようとし、道路に投資している。スラムの一掃はその政府の町を整え、経済を加速する努力の一環だ。しかし、毎度のごとく、貧しいものが支払いをする。
 

発行日: 
2012-08-18
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメントを追加