鉄の女 - ナイジェリアの財務大臣

石油に満ちた沼地を乾かすにはたくさんの鎧が必要だ

「ゲレは私のトレードマークだ。」ナイジェリアの財務大臣、ンゴジ・オコンジョ=イウェアラは、写真を撮るのを許す前に、その短い白髪交じりの髪に つけた鮮やかな髪巻を表現した。「ドレスからすべてのことまで、私はとてもナイジェリア人だ。」彼女の批判者の中には同意しない者もいる。1月の反改革運 動の間に、デモ参加者は彼らの怒りを財務大臣に集めた。彼らは彼女が長い間海外で過ごしたので、歓迎されない外部者だと呼んだ。彼女は去年母国に戻るま で、世界銀行の専務理事だった。

ナイジェリアのほこりっぽい首都、アブジャを見渡す彼女の半月型の事務所に座って、オコンジョ=イウェアラ女史は、うらやましくない仕事に直面して いる。グッドラック・ジョナサン大統領は、サブサハラアフリカで2番目に大きな経済を徹底修理するのに彼女にたった3年を与えただけだった。そこは、不正 と非効率で引き裂かれており、政治的ボスによって分割されており、共同体間の暴力の爆発に対して脆弱だ。彼女にはそれだけの時間も無いかも知れない。ナイ ジェリアの1.5億の住民は、ますますその政府にいらいらしている。彼らは、彼女を含んだすべての政治家をたかり屋だと見なしており、彼女の動機を政府で の高位を求めるものではないかと疑っている。

その非難は彼女を怒らせる。「私は、何かを擁護し、生活するところでお金を使いたいと信じるので来たのだ。」彼女は語る。「誰がやってきて手を汚す意思を持っているのか?誰がこの不正と戦うのか?」

去年の選挙の後での大統領との引き延ばされた交渉の間に、その57歳は、財務だけではなくすべての経済閣僚を支配下に置くことを主張した。公の場で、彼女は「経済調整相と財務相」と紹介されるよう頼んだ。それは、彼女の同僚閣僚の何人かにとっては大きな無念だった。

しかし、彼らは誰も、えこひいきとレントシーキングの上に立てられた経済の漏れをふさぐ大きな仕事を管理することができなかった。政府の過剰支出と 不正は、年間400億ドルに上るその国の巨額の石油収入を吸い取っている。オコンジョ=イウェアラ女史は、改良された経済が、雇用、社会資本、そして保健 を改善すると望んでいる。ナイジェリアの幼児と妊婦の死亡率が世界最悪のものの一つであることを考えると、障害は低い。しかし、利己的な銀行への多くの襲 撃の後には、驚くほどほとんど投資資金は残っていない。公式収入の74%に及ぶまでが政府の維持のために使われている。大金が議会への仕出しや大統領公邸 の庭の手入れに使われている。オコンジョ=イウェアラ女史は、2015年までに政府支出を穏当に4%減らしたいと考えている。

混乱したニジェールデルタの部族長の娘の彼女は、100万人以上の死者を出したビアフラ戦争の勃発時には13歳だった。ビアフラ軍の准将だった彼女 の父親は、彼女を外国の親類の元に送るのではなく、家にとどめることを選んだ。後に、彼女はアメリカのハーヴァードとMITで学んだ。

オコンジョ=イウェアラ女史は、2003-06年に財務大臣を務めており、ナイジェリア政治に全くの素人ではない。彼女は、彼女をスターにした、 120億ドルの対外債務を取り消すという歴史的な取引を取り仕切った。しかし、彼女が今追求している改革の方向は、その記憶を消した。

殺人予告は珍しいことではなく、国営報道機関やオンライン掲示板での集中砲火は続いている。ピジン語で「トラブル」を意味するオコンジョ・「ワハ ラ」としばしば呼ばれる彼女は、つま先立ちして歩いていない。「もし不正から利益を得る既得権益があらゆる方向から攻撃しているのならば、それは何か正し いことをしているということだ。攻撃の程度がバロメーターなのだ。」彼女は語る。

新しい改革の提案のたびに、どんなに賢明であっても、彼女はあざけりを誘う。今年初めのガソリン補助金の廃止は、燃料価格の上昇の原因となり、6日 間にわたるゼネラルストライキの引き金を引いた。ジョナサン大統領は最後には足を踏み入れ、補助金の半分を復活させ、節約した資金を貧者救済のために使う ことを約束した。次なる課題はすでに浮上している。まもなく、政府はナイジェリアの電気を改善する計画を明らかにする。それを機能させるために消費者価格 は上がる。誰が非難されるのかは推測するまでもない。
 

発行日: 
2012-03-03
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加