鼻をつまみ、話をしろ - ナイジェリアの反乱

もし北での暴力に政治的解決法を見いだせなければ、ナイジェリアはバラバラになるだろう

もし紛争の重力が、銃が使われた長さで測ることができるのならば、ナイジェリアの北のチェックポイントの兵士たちが銃身に銃刀をつけ始めたことは、注意する価値がある。今年、そこで1,000人以上の人々がテロ攻撃で亡くなり、それは2011年から50%以上増えている。それに反応して、政府は、犯人であるボコ・ハラム(「西側の教育は罰当たりだ」)と呼ばれるムスリム過激派集団と戦うために、重装備機動部隊をアフリカで最も人口稠密な国の道に展開している。それは、とりわけ、より良い統治と厳しいイスラムへの固着のために戦う。

その紛争は、国全体を巻き込む潜在力を持つ。1.6億人のナイジェリアの人口は、ムスリムとクリスチャンに均等に分かれ、その多くが仲良くやっている。しかし、近年、幾分かは土地紛争のために、悪化している。衝突はますます一般的になっており、混ざり合った街で宗教的なゲットーが形成されている。ボコ・ハラムは教会を攻撃している。政治家の中には、極めて危険な前途である、国の分割の可能性をおおっぴらに口にするものもいる。ナイジェリアの領域の統合性が最後に問われた40年前のビアフラ戦争の間に、100万人の人々が亡くなった。

反乱は、大きな経済的損害も与えている。外国と国内の投資家は逃げ出している。北ナイジェリアのGDPは、2010年以来約30%縮んでいると計算される。恐れた公務員がもはや仕事に現れないので、公共サーヴィスは幾つかの場所で止まっている。すでに貧しい北と豊かな南の間の差は急速に広がっている。

紛争は広がっているかもしれない。約300人のボコ・ハラムの戦士たちが、今年の初めにマリの北東部を制圧したイスラム過激派とともにマリに点在している。ボコ・ハラムはアル=カーイダと提携した様々な集団とつながりを持っている。去年、それはナイジェリアで国連本部を破壊した。北西アフリカの反乱のいくつかは、ニジェール、チャド、南リビアを含んだ広大な統治されていない空間を、攻撃を準備する民兵のための避難所として機能するよう作り出すために、融合しかねない。

ナイジェリア政府の反応は、役に立っていない。それは幾分かは腐敗のためだ。国家予算の1/4が治安のために使われている。その資金の中には、その目的が反乱軍を打ち負かすよりも腐敗した役人のポケットにつながるためである、洗練された武器の購入のために使われているものもある。その政府はまた、不器用だ。ボコ・ハラムによるものよりも多くのナイジェリア人が、毎年警察によって殺されている。「行って殺す」部隊として知られる準軍事力は、北での政府への大衆の支持を侵食している。ボコ・ハラムの指導者たちの妻子の検挙と投獄は、その集団への同情を増しているだけだ。
 

富を北に広げろ

多くの南部人がしているように、ボコ・ハラムが暴力革命主義者によって運営されているか、大統領の敵のための車として活動していると信じることは、問題を誤解することだ。その反乱は、貧しい北の豊かな南への理解できる憤りから生まれたものなので、準軍事的手法によっては破壊することができない。ボコ・ハラムが生まれた北東部が世界で最も悪い健康と教育水準を持つものの一つだという事実は、イランとほぼ同じ石油を産出する国では不名誉だ。

その地域の経済的・社会的状況を改善することは、人々が安全ではない間は難しいだろう。だから、政府は、その集団の最も過激な指導者たちを追い詰め、治安部隊が作戦中に民間人を殺さないよう尽力させるという両方をする必要がある。同時に、単に大きな困難を抱える地域に緊急援助を提供するだけではなく、医療、教育、運輸インフラ、そして電気を拡大する、真剣な努力をする必要がある。それらの妻子を解放することもまた、政府がその運動のより柔軟な指導者と交渉する必要があるので、よい考えだろう。より大きな銃はボコ・ハラムを吹き飛ばさないだろう。
 

発行日: 
2012-09-29
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加