メルティングポット - 北アイルランド

その地域はついにそれほど分離されていなくなっている。移民を考えろ

それは地元では「ラチェット効果」として知られている。カトリックかプロテスタントは、近所がほかの集団によって支配されているところに住んでいると、安全でないと感じ、出ていくのだ。他の人も続く。「それは少数派が『ここにいるのは自分だけじゃないか』と考え、去る地点に到達する」北アイルランドの住宅局重役のジェニファー・ハウソーンは説明する。ある地域がひとたび分離されれば、決して元には戻らない。」

平和過程にもかかわらず、北アイルランドは縄張り的な場所のままだ。北ベルファストは、カトリックの通りとプロテスタントのものを分ける高いフェンスの「平和の壁」が縦横に通っている。その地域の住民は依然として、苗字を通して、またはどの学校に通っているのかを尋ねることによって、反射的に知らない人をどちらかのグループに置こうとする。しかし、そのラチェットはついにくぼみを滑っている。クイーンズ大学ベルファストのイアン・シャトルワースは、北アイルランドのカトリックとプロテスタントのための「相違点指数」を作るために国勢調査のデータを使っている。これは、彼らをその地域の582の地区にわたって平坦に広げるために動かなければならないだろう割合を反映する。0は完全な統合を示し、1は完全な分離を意味する。2001-06年の間に、その数字は0.62から0.58に下がった。自分たちの集団が少なくとも80%を占める地区に住むカトリックとプロテスタントもまた下がっている。これは、1970年代以来分離の最初の重要な下落だ。

その過程は平坦ではない。しばしばアイルランド国境から離れた北東部にある最もプロテスタント的なところは、最もカトリック的な所よりも混ざり合っている。それはプロテスタントの数が減っているためであり、移民が空いた家に動いている。クレイグアヴォンの教会地区をとってみる。2001-11年の間に、人口におけるプロテスタントの割合は94%から76%に下がっている。3/4が東ヨーロッパからの移民たちは、今ではその区の住民の12%を占めている。その多くはカトリックで、数字上そのようにカウントされるが、海外生まれの彼らは、分離からは距離を置いている。

何年にもわたって、ハウソーン女史のような役人はシェアリング住宅を作り出すために働いている。彼らはすでにかなり混ざり合っている地域でいくらかの成功を収めている。北ベルファストやデリー(ユニオニストにとってはロンドンデリー)といったひどく分離された場所は、解くのが難しいとわかっている。北ベルファストの元軍兵舎をシェア不動産に変える計画は、旧式の分離議論の中でもがいている。しかし、グローバリゼーションは強力な力だ。
 

発行日: 
2013-03-09
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加