キル・ビル - 紙幣と硬貨

赤字はついにアメリカがドル紙幣を硬貨に変えるよう促すのか?

今年の初めに、ブログ界隈では1兆ドルのプラチナ硬貨を鋳造してアメリカがその負債を払うよう求める声に満ちていた。その考えは幸いにも消えたが、それを生み出した財政圧力は、それほどばかげていない変種への刺激を提供している。ドル紙幣を廃止し、代わりにドル硬貨にすることだ。

大きな経済の中で、アメリカは額面の低い紙幣を発行している数少ないものの一つだ。英国は1983年に1ポンド硬貨を導入した。カナダはその1ドルと2ドルの紙幣を1987年と96年にそれぞれ硬貨に置き換えはじめた。アメリカはドル硬貨を鋳造しているが、消費者に無理やり紙幣への好みをやめさせることに失敗している。14億ドル相当程度のドル硬貨が連銀の金庫に積みあがっており、財務省に2011年にその生産を中断する命令を促した。

自動販売機運営会社から公共交通提供者まで、ドル紙幣を数えて積み重ね、間違って入れられた紙幣によって止まった機械を修理する費用について不平を言う。多くがすでにドル硬貨を扱う装置を搭載しているが、「我々はその変更を実行することによって節約を収穫しなかった」と、提言集団ドル硬貨同盟のコンサルタント、アーロン・クラインは嘆く。

事業上の理由でドル紙幣をなくすよう議会を説得するのに失敗して、運動家は今ではそれを赤字を減らす痛みのない方法だとして推進している。議会の無派閥の調査部門の米国会計検査院(GAO)によれば、その変更は30年間にわたって44億ドルを節約するだろうという。しかしながら、生産費用の削減のためにそうはならない(硬貨は紙幣よりも長持ちするが、作るのにより費用が掛かる)。むしろ、そのカネはシニョレッジから来る。貨幣の額面と製造費用の差だ。英国とカナダの経験を引用して、GAOは、より多くのシニョレッジを意味するすべてのドル紙幣を循環から引き揚げるためには1.5ドル硬貨が必要だと計算する。

これは、硬貨は貨幣ほど頻繁に循環しないためだ。金属片をポケットに入れて持ち歩きたくない消費者は、硬貨を瓶に入れるか、ソファーのクッションの後ろになくし、そこでは交換を促進し金利を稼ぐことはない。貨幣の収集家もまたそれらを循環させないかもしれない。それは費用がかからないわけではないのだ。より高いシニョレッジは、実際は、税だ。しかし、ドル紙幣がついに捨てられるかどうかは、財政議論よりも、どの州が議会により多くの影響力を持つかによるかもしれない。アリゾナは硬貨の原料となる銅を掘っており、マサチューセッツはドル紙幣を作る紙のための会社の本拠だ。
 

発行日: 
2013-03-16
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加