巨人の一人 - ロナルド・コース

なぜ企業が存在するかを説明した経済学者のロナルド・コースが9月2日に102歳で亡くなった

「私は主要理論において何の革新もしなかった。」とは、ロナルド・コース自身が彼の人生における作品を要約したものだ。「私の経済学への貢献は、あまりに明白で見逃されがちな経済制度の特徴を包括するよう推し進めていることだ。」見逃された物への注意は、コース氏が法と経済を変革するのを助けた。

労働者階級の両親の下1910年にロンドン郊外のウィレスデンに生まれたコース氏は、学問的な気質と科学への興味を持っていたが、数学的センスに欠けており、それが彼をそののち数十年間経済学から締め出していたかもしれない欠点だった。彼は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で「商業」を勉強した。それは(「私がたった一つむいていなかった職業選択だった」)中間管理職行きの人々のために作られたコースだった。

その学位は初級経済学を含んでおり、彼は素早くその陰鬱な科学に引っかかった。1年間の旅行奨学金は、彼に学んだことを応用する機会を与えた。彼は、彼を悩ませた問題である、なぜ会社は存在したのか?、についての答えを探そうとして、アメリカの産業都市を巡る旅を選んだ。

当時の経済学者たちは、価格機構の特別な魔法に魅了されていた。自由市場では、価格は最も高い価値をつけたところに資源を割り当ててしかるべきだ。例えば、羊毛のある価格は、消費者の需要に合わせるために農民が羊を育て羊毛を市場に持ち込むよう促す。より多くが生産され需要が満ち足りるにつれ、価格は下がり、農民が望まれないものを生産するのに時間と資源を浪費することをくじく。しかし、経済のいくらかの部分が素材や労働力を導くのに価格に頼る一方で、そうしないところもある。企業内部では、仕事は命令により分け与えられ、戦略は役員会の執行部によって決められる。コース氏はその理由を知りたかった。

彼が操業中のアメリカの自動車工場を見た時、彼は企業の存在が価格機構の重要な欠陥を埋め合わせることを認識した。現実世界では、最終価格に至るのに、売り手と買い手にとってしばしば費用がかかる。交渉したり契約を作成するという必要のような「取引費用」は、価格機構が滑らかに動くのを妨げる。中央で計画された組織内部で活動を調整する方が、生産過程のすべての段階で契約の詳細を規定するよりも、安くて簡単な時に、企業は存在するだろう、と彼は説明する。コース氏は、弱冠21歳だった1932年に、ダンディーでの講義で彼の定理を最初に提示した。1937年に、彼はダンディーでの講義に基づいた記事である「The Nature of the Firm(企業の性質)」を出版した。

調査の全分野は、最後にはこの論文上でうちたれられるのだが、それは最初にはほとんど注意を集めなかった。コース氏は、1930-40年代にかけて、ダンディーからリヴァプール、そしてLSEに戻って、英国中の学会を跳ね回り、公的事業の仕組みを調査する。1951年に、彼はアメリカに移り、ラジオ周波数所有権についての記事がシカゴ大学の学者の目に留まるまで、似たような巡礼を経験した。

1959年に、彼はその見方を議題にのせるために、シカゴに招かれた。その聴衆の中には、ジョージ・スティグラーやミルトン・フリードマンのような未来のノーベル賞受賞者が含まれ、彼らはコース氏の結論に懐疑的な自身を持ち部屋の空気を支配する人たちだった。2時間にわたる議論の結果、控えめなコース氏が彼らに打ち勝った。彼は、彼の議論を書き上げるよう頼まれ、1961年に別の重要な文書である「The Problem of Social Cost(社会的費用の問題)」を執筆した。1964年にコース氏はシカゴ大学に加わった。

シカゴの学者との彼の議論は、市場の「外部性」を中心にしていた。それは、他の人たちに社会的費用や利益を課す経済的選択のことだ。工場汚染は、例えば近くの住民の生活を乱したり毒にさらしたりするかもしれない。経済学者の初期の世代は、政府が正すことのできる市場の失敗だと診断した。汚染を出す工場は、町を覆ってほとばしる黒い煙からの何の費用にも直面しない。その観点からは、その費用は「外部」のものなのだ。しかしながら、汚染への課税はその費用を内部化するだろう。税がその工場の管理者に汚染を社会的に最適な水準にまで減らすよう勧めるにつれて、価格機構が再び働くだろう。
 

コースははっきりしていた

コース氏の業績は、別の答えを示唆した。理論の世界では、取引費用がなければ、外部性を解決するのに何の政府介入も必要ないだろう。工場所有者と住民は自分たちで再配分を実行しうる。住民が排出を少なくするよう工場に支払うかもしれず、工場がより多く汚染する余裕のために町に支払うかもしれない。どちらのやり方でも、効率的な成果が政府の助けなしにもたらされて当然だ。このおめでたすぎる見方は、コースの定理として知られるようになった。(市場が財閥に手渡された資源を再配分するだろうという信念から急速な民営化を支持したソ連崩壊後の「ショック療法家たち」は時に「俗悪なコース主義」として非難された。)

しかし、コース氏自身は生活が理論よりも複雑だと認識していた。工場排出の監視費用のような取引費用を考えると、民間払下げも汚染税も、市場を完全に効率的にはしない。コース氏は、法律が重要な経済的責任を持っていると説明した。市場でのこれらの費用の破壊的な影響を最小化するからだ。(この場合は汚染する権利である)明快で簡単に移転できる所有権制度が、企業のそのような役割を果たすことができ、そうでなければ交渉と契約執行の苦闘によって狂わされるかもしれない有益な経済活動ができるようにする。彼の洞察は政策に革命を起こした。アメリカでの環境問題としての酸性雨を止める役に立った取引可能な排出許可は、彼の業績の直接的な応用だった。

最初のダンディーでの講義のほぼ70年後、コース氏はノーベル経済学賞を受賞した。「学者は、自分の言ったことの間違ったことがすぐに明らかにされるような知識に満足しなければならない。」彼は演説の中で言及した。「正しいことについて言えば、彼は最終的にそれが受け入れられるのを見ることを期待できる。十分に長く生きればね。」
 

Free Exchange欄より
 

発行日: 
2013-09-07
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加