つかるか泳ぐか - 最適税率

いかにして大きな被害を与えることなしに最高税率を上げるか
 
経済的によくやっている人々への増税は、成長を窒息させ、回復を遅らせるのか?それは増税されたときにどのように豊かな人々が行動するかにかかっている。彼らの所得の小さな部分を持つことしか許されなくなったとき彼らは働かなくなるだろうか?彼らはその金を海外に移すだろうか?彼らの所得の大きな部分を税率の低い形にするだろうか?経済学者はそのような質問に答えるために、多くの過去の税率の変化の影響を見つめてきた。
 
ハーヴァードの経済学者マーチン・フェルドシュタインは、アメリカが1986年にその最高税率を50%から28%に下げたとき、豊かな人々の課税所得は税率にドルベースで調整され、税収が同じになったことを発見した。これは、最高税率を上げることは、経済活動をはるかにゆがめる一方で、ほとんど追加的収入を生み出さないだろうと言うことを示唆しているだろう。しかし、この課税所得の調整が、人々が税負担を最小化するためにいつどのようにしてその所得を得るかを変えることにかなり影響されると発見した者もいる。たとえば、1993年に増税したあと大きく課税所得は落ちたが、このうちの多くは何人かの裕福な人々が増税前に彼らのストックオプションを現金化しようと急いだことから来たようだ。
 
パリ経済大学のトマ・ピケティ、カリフォルニア大学バークレー校のエマニュエル・サエズ、そしてMITのステファニー・スタンチェワは新しい論文の中で、なぜ最高税率を上げたときの重大な長期的傾向を示すことができた研究がほとんどないのかを論じた。しかし、そのような否認は単に貧弱に設計された税制のしるしだと彼らは言う。人々に税を避ける多くの道を与える一方で同時に最高税率を上げるのはばかげたことだ。だから、税制改革者の最初の仕事は、広い課税ベース、施行の強化、そして異なった種類の所得に対して似たような税率を適用することによってそのような機会を最小化することであるべきだ。
 
それは、比較的議論の的にはならない。しかし、彼らの他の発見は少しびっくりさせそうだ。もし課税回避を不可能にするように税制改革をすれば、最高税率は1960年代に最後に見られたレヴェルである83%まで経済を傷つけることなしにあげることができるだろうと彼らは計算する。これは、人々は税率が変わったときに、どれほど働くかを大きく変えそうもないように見えるためだ。高い最高税率はまた、大きな稼ぎ手が全体のパイのうちの大きな部分を得るために時間をかけすぎることをくじくかも知れない。
 
今、残っていることのすべては、穴をふさぐことだ。過去の経験では、アメリカの富裕層はそのことについて眠りを邪魔される必要はない。
 
 
発行日: 
2012-01-21
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加