神様ごっこ - 臓器移植

臓器を割り当てるうらやましくない仕事

ある少女は、新しい肺がほしかった。ルールでは、彼女は大人のドナーから肺を得ることができず、他の子供からしかできなかった。それは、彼女が多分死ぬだろうことを意味した。

ジャネットとフランシス・マーナガンは、フィラデルフィアで嚢胞性繊維症.の治療を受けている10歳の娘サラを、そのルールが差別していると不平を言った。だから、彼らは、彼女を大人の肺のウェイティングリストにのせるよう訴えた。保健教育福祉庁長官のキャスリーン・セベリウスは、政策の見直しを命令したが、さらに介入することには煮え切らなかった。ある保守的な社説は、彼女を「一つの死の審査会」だと呼んだ。

臓器移植の数は増加しているけれども、臓器の数は決して十分ではない。ほとんどの臓器提供は、病気が提供者の内部を破壊する前に死ぬことを必要とする。一つを提供してももう一つ残る腎臓ですらも、少ない。アメリカ人たちは、彼らが割り当てを嫌っているという。しかし、彼らはまた、人々に臓器を売らせるという考え方も嫌い、だから割り当てだけが残された道なのだ。その過程は、保健省によって監督され、医者、患者、提唱者、そして生物倫理学者を含んだ臓器購入移植ネットワーク(OPTM)によって行われている。その政策は複雑で、不完全であることが避けられない。

6月5日に、ある連邦判事がマーナガンさんを一時的に大人のウェイティングリストに入れることを命令し、さらなる聴取を保留している。1日後、その判事は、同じ状況にある11歳のハビエル·アコスタへの似たような救済を命令した。OPTNの指導者たちは、6月10日に、大人の列の中に場所を探している子供たちに内部審査委員会に訴えさせることについて投票した。6月12日に、マーナガンさんはついに潜在的に命を救う肺移植を受け取った。彼女の両親は有頂天だった。これがより多くの人々を列の前に動かすよう訴えることを促すだろうか、と心配するものもいた。

議会と保健省は、いかに臓器を分配するかについての広いルールを発行する(例えば割り当ては「公平」でなければならない)。OPTNは、困難な詳細をえり分けなければならない。肺への手続きは、特に手が込んでいる。それらは提供者の近さ、血液型、そして苦しんでいる人を助ける望みと回復が難しいほどの病気の人のために臓器を無駄にしないようにする望みとのバランスを図るアルゴリズムに従って割り当てられる。

より広い疑問は、臓器提供が若者を優先すべきかどうかということだ。全臓器受取者のうち50歳かそれ以上の割合は、1988年に28%だったものが去年は60%にまで跳ね上がっている。その上昇は、65歳かそれ以上ではさらに劇的になっている。その割合は2%から17%に跳ね上がっているのだ。これらの数字は、ベビーブーマーが年を取るにつれてさらに上がるかもしれない。

今月の後半に、OPTNは、もっとも一般的に移植される臓器である腎臓の列で、若い候補者をより高く置く提案を考えるだろう。支持者は、若者が移植からより長い年月を得そうであると指摘する。反対派は、すべての人間の生命が同じように価値があると退ける。いつの日か、人工臓器がこの議論を的外れにするかもしれない。今のところ、マーナガンさんは猶予を得ている。アコスタさんと1,600人以上の他のアメリカ人は、依然として新しい肺を待っている。
 

発行日: 
2013-06-15
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加